R.E.M. (アール・イー・エム)

R.E.M. (アール・イー・エム)の概要

80年代のインディで活躍し、88年に大手メジャーレーベルに移籍、その後は莫大な売り上げを記録し誰もが知っているスーパーバンドとして活動した。

80年にジョージア州アセンズで結成。
バンド名の意味はRapid Eye Movement(睡眠時の眼球運動)だとされている。

音楽性はジャングル・ポップとして語られることもあり、フォーク・ロックを土台にサイケデリックやニューヨークパンクなどの要素を散りばめたようなもの。
アルバムによっては歪んだギターをメインにしたものもある。
ただ、90年代にオルタナティヴと呼ばれた多くのバンドのように極端にへヴィなギターは皆無で、そういう音楽を好む人には上品で小奇麗な耳障りの良い王道ロックバンドとの印象を与えるかもしれない。
社会的、政治的な歌が多いのも特徴の一つで、ヴォーカルでフロントマンのマイケル・スタイプもまた大衆からの「世代の代弁者」扱いに苦しんだ一人だ。

R.E.M. 43曲

レーガン政権のころ1つの世代の代弁者になっていた。
例えば温室効果やあらゆる問題に関する知識を常に持っていることを期待されるようになった。自分がそういう問題意識を表現してるなんて気づいてなかった。(R.E.M. / マイケル・スタイプ Seven Ages of Rockから引用)

だか、カート・コバーンやエディ・ヴェダーと違ってそういう立場を楽しむ余裕も少なからずあり、そういう立場を利用して政治的な意見をアピールしたこともある。

81年にリリースされたシングルRadio Free Europeがカレッジ・ラジオで人気を集め、82年にはI.R.S.というPoliceのドラマーの実兄が設立したインディレーベルと契約。
83年にリリースされた1stアルバムMurmurがローリング・ストーン誌などのメディアから絶賛された。

初期のマイケルはアメリカ人でさえ歌詞を聞き取れないほどモゴモゴと歌っていたが、それがかえって神秘的な魅力を感じさせたこともあったようだ。

極度に内気で自信もなかった。
ニキビが酷くて髪で顔を隠そうとしたし、話し方も歌い方もボソボソしていたよ。
それがかえって、カリスマ性があるように思われたんじゃないかな。(R.E.M. / マイケル・スタイプ Seven Ages of Rockから引用)

その後、地道にアルバム製作とツアーを積み重ね、87年の5thアルバムDocumentが100万枚売り上げるに至った。

彼らが所属していたインディレーベルI.R.S.は、レコードの流通をメジャーレーベル委託するという当時のアンダーグラウンドなインディレーベルと違って、限りなくメジャーレーベルに近い珍しいケースだが、大成功の理由はそれだけではないだろう。
カレッジ・ラジオの後押しが大きかったと思われる。
詳しくはカレッジ・ラジオ、CMJとは?を読んでほしい。
マイケルは1991年のMTVビデオ大賞授賞式のスピーチでカレッジラジオに対して感謝の言葉を述べた。

88年には多額の契約金で移籍したメジャーレーベルから6thアルバムGreenをリリースし大規模なワールドツアーを敢行。
しかし日本以外はアリーナクラスの会場ばかりとなったこのツアーでバンドは疲弊。
成功によるストレスに潰されそうになるも、ツアーから一切手を引くことを決意し立て直すことに成功した(結果的にツアーをしなかったのは6年間)。

しかし、ツアーをやらないにも関わらす91年の7thアルバムOut Of Timeと92年の8thアルバムAutomatic For The Peopleが大ヒットを記録し、名実共にトップバンドとして君臨することになる。

R.E.M.は商業的だってずっと思ってた。
でも情熱がある。
今までもそういうバンドはたくさんあった。
ファンや音楽関係者がバンドを見守らなきゃ。
ここ10年のような堕落はごめんだ。
特にレーガン時代みたいなね。(Nirvana / カート・コバーン Seven Ages of Rockから引用)

一方でインディ時代のR.E.M.の大ファンだったものの、メジャーで世界的なバンドとなったR.E.M.を認めることができないPavementのスティーヴ・マルクマスのような人もいた。
PavementのUnseen Power Of The Picket Fenceという曲はそんなR.E.M.を非難した曲だ。

特に1stや2ndなんかは僕の思春期を代表すると言っていいほどの愛聴盤だったよ。
でもここ数年の彼らの曲は正直言って聞く気がしないな。
例えば、ほら最新シングルのなんだっけ?
(Everybody Hurtsのビデオを)ついこの間MTVで観てて、これほどダサいバンドがあったのかと改めて痛感させられたもんね。(Pavement / スティーヴ・マルクマス ロッキングオン1994年3月号から引用)

結成以来メンバーチェンジは一切なかったが、97年にドラマーのビル・ベリーが脱退してしまう。
脱退を決意したのは95年に脳を手術したことが大きかったようだ。

どの曲でも作曲者をバンドメンバー4人とし、あらゆる物事を全員が納得できる形で取り決めてきたバンドだけに、ビルの脱退はバンド史上最大の危機だったようだが、ビルのバンドを続けて欲しいという強い希望もあり、残りのメンバーは3人編成でバンド活動を続けた。

2000年代に入ると、世の中に対して全盛期のような影響力は失われていたものの、政治色の強いアルバムをリリースしていった。
テロやブッシュ政権の存在なども大きく影響したのだろう。

結成から31年が経ち15枚目のアルバムCollapse into Nowをリリースした2011年、バンドは解散を決心した。
理由は様々な要因が絡み合っているようだが、メンバー間は友好的で達成感を伴ったポジティブな解散だと言えるだろう。
R.E.M.解散。マイケル・スタイプ、ピーター・バック、マイク・ミルズの各声明掲載
R.E.M.のマイク・ミルズ、解散の経緯を語る

関連リンク

R.E.M. (アール・イー・エム)のアルバム紹介

沢山のアルバムがリリースされているので初心者の方はどれから聞いていいのか迷うでしょう。
個人的に最も好きなのはOut Of Time。
インディ時代の傑作とされているのはMurmur、インディ時代でもポップよりならDocument。
メジャーのポップなアルバムならGreen、多くの人が最高傑作に上げるのはAutomatic for the People。

スタジオアルバム

Murmur

Chronic Townという1982年にリリースされたEPを1stアルバムだとする場合もあるが、ここでは1983年にリリースされたMurmurを1stアルバムとする。

インディからリリースされた1stアルバムにもかかわらず、ローリングストーン誌の83年のベストアルバムランキングの1位に選ばれた。
しかし何百万枚も売り上げたわけではなく、当時は17万枚ぐらいだったとのこと。

バンドが注目されるきっかけとなったRadio Free Europe、Laughing、Catapultのように、R.E.M.の醍醐味であるクリーンなギターをメインにアップテンポでエネルギッシュな演奏が印象的な曲が多い。
またPerfect Circleのようにバラード的な曲でも才能を発揮している。

このバンドの長いキャリアの中でも傑作とされるアルバムなのでおススメしたい。

Reckoning(夢の肖像)

前作から1年後の1984年リリース。
1stばかりが注目されがちだが、個人的にはこのアルバムの方が好きだ。

基本路線は前作と変わらないものの、曲の質が格段に向上した。
Harborcoat、7 Chinise Bros.、Pretty Persuasion、Cameraが特におススメしたい曲。

二つの頭を持つ蛇のジャケットも素晴らしいと思う。

Fables of the Reconstruction(玉手箱)

1985年リリース。

全体的にダークで陰鬱感が漂っている。
Driver 8やCant Get There from Hereは人気のある曲だが、アルバム全体としては傑作とはいいがたいので後回しにするべきアルバムだ。

レコーディング時のバンドの精神状態が悪かったためか、メンバー自身もあまり気に入っていないという説があり、評論家によっては過渡期と評価する人もいた。

1stアルバムから続いてきたアメリカ人でもはっきりと聞き取れないマイケルのモゴモゴとしたヴォーカルはこのアルバムが最後だ。

Lifes Rich Pageant

1986年リリースの4thでR.E.M.の新2章3部作の始まりとされるアルバムだ。

第2章の特徴は、歌詞が聞き取れるほど明瞭にマイケルが歌うようになったこと。
歌詞は政治的な内容が多くなった。
音楽的にはフォークロックなギターだけでなく歪んだギターを取り入れるようになり、メロディラインが明瞭になり聴きやすくなった。
言葉は悪いが、インディサウンドから脱却してビッグサウンドを志向するようになったといえる。

今作でいえば、政治的な歌詞とはいえまだまだ間接的な表現が多い。
サウンドは次の2作と比べるとインディっぽさが残っているので、メジャーな音楽性が好きになれない人にはこのアルバムをおススメしたい。

Begin The Begin、I Believe、Supermanが個人的には好きな曲だ。

Document

リリースは1987年。

Lifes Rich Pageantで述べた第2章の特徴をさらに推し進めたようなアルバムだ。
よりポップでメロディアス、そしてパワフルに変化した。

「最高級の労働歌」、「占領地へようこそ」などの曲の邦題だけでなく、政治的な歌詞も直接的な表現が増えた。

ポップなメロディで「ご存知の通りこれが世界終焉で、僕はいい気分」と歌われるThe End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)がおススメの曲。

The One I Loveはトップ10入りした曲で甘いラブソングだと思う人が多いが、実際はアルバムに収録するかどうか迷ったほど卑劣で欺瞞に満ちた歌だということ。
ただし、バンドメンバーはリスナーが好きに解釈するべきだというスタンスだ。

アルバムはビルボードチャート最高10位まで上昇し売り上げは100枚を超えた。
バンドはI.R.S.との契約満了にともない、大手メジャーレーベルのワーナーと契約を結んだ。

Green

1988年リリースのメジャーデビューアルバム。
アメリカでは大統領選挙が行われた11月8日にリリースされた。

歌詞は相変わらず政治的なことを連想してしまうものが多い。
音楽性としてはPop Song 89、Get Up、Stand、World Leader Pretendなど、前作よりもさらにパワフルでポップな曲が目立つ。

一般的に傑作とされているのでオルタナティヴと呼ばれる音楽を聞き始めた人にはおススメしたいが、アンダーグラウンドな音楽に慣れた人が聞くと単なる大衆的なポップミュージックにしか聞こえないかもしれない。
そこが評価の分かれ目だろう。
メジャーデビューということで、従来のファンの一部からはセルアウトとの批判もあったらしい。

個人的にはR.E.M.を聞き始めたころは気に入っていたが、2015年に聞いてみるとポップ過ぎる気がする。

バブルガム・ミュージック(10代の若者たちに受ける低俗な音楽,ミーハーの音楽 研究社 新英和中辞典より)を奴らが投げつけてきた。
思い切りポップで。
挑戦を受ける気で精いっぱい空虚な歌詞を書いた。(R.E.M. / マイケル・スタイプ REMTV-ドキュメンタリーから引用)

このアルバムのアリーナクラスの大きな会場を回るツアーでバンドは疲弊。
メンバーがバラバラになりかけてしまい、次作からはツアーを行わなくなった。

このアルバムのツアーの最終公演はライヴ映像作品Tourfilm(グリーン・ワールド・ツアー)で見ることができる。

Green
Warner Bros./wea
¥143(2024/03/03 18:14時点)

Out of Time

1991年にリリースされたR.E.M.の代表作の一つ。
個人的にはこれが最高傑作だと思うし、初心者にもおススメしたい。

歪んだエレキギターをメインのビッグサウンドをアリーナ級のライヴ会場で鳴らし続けてきた反動からそういう要素が排除され、フォークロックと呼ぶにふさわしいサウンドになった。

ギタリストのピーター・バックが得意とするアルペジオ奏法を土台にピアノやオルガン、バイオリンやチェロ、サックスやクラリネットなど様々な楽器が使用されている。

歌詞は政治的なメッセージから距離を置いている。

Radio Song、Near Wild Heaven、Endgame、Half a World Awayなど名曲が多数収録されているが、やはり特筆すべきはバンド史上屈指の名曲Losing My Religionだろう。
ピーターのマンドリンが印象的なこの曲は大ヒットを記録しMTVのビデオミュージックアワードを受賞。

Shiny Happy Peopleも人気の高い曲だが、この曲の馬鹿らしさはメンバーも自覚している。
「たまにはバカバカしいことをするのも良いが、この曲がバンドの代表曲だとは思われたくない」とのこと。

Losing My Religionの大ヒットもあり、ツアーをやらないにもかかわらずアルバムの売り上げは1000万枚を超え、R.E.M.を「そこそこ知られていたポップスターから真のセレブ」へと押し上げた。

Out of Time
Warner Bros./wea
¥200(2024/03/01 19:30時点)

Automatic for the People

前作から1年後の1992年にリリース。
このアルバムもR.E.M.の代表作の一つ。

今作の最大の特徴はバイオリン、チェロ、ビオラなどのオーケストラとアコースティックギターの融合で壮大なサウンドが展開される。
甘ったるいバラードが連発されるわけではなく、アルバム全体のテーマは死なので歌詞もサウンドも内向的な曲が多い。
Ignorelandのように政治的な曲もある。

捨て曲無しの名盤だと思うが、敢えて良い曲を挙げるとすればMan on the MoonとNightswimmingだろうか。

カート・コバーンの自殺現場付近の状況から、彼が自殺直前に聞いていたのはこのアルバムだとされているので、NirvanaからR.E.M.を知った人はこのアルバムから聞くといい。

Monster

1994年作。

前作と前々作の反動からか再び歪んだエレキギターを前面に押し出したアルバムとなった。
必殺メロディを持つ曲はないものの、What’s the Frequency, Kenneth?、Crush with Eyeliner、Star 69、Bang and Blame、I Took Your Nameなどは大衆を引きつけるものがあると思う。
Let Me Inはカート・コバーンに捧げた曲だ。

Greenが気に入ったならこのアルバムを聞いてみると良いと思う。

このアルバムではツアーを復活させ来日公演も行った。
しかしツアー中にメンバーが大病を患うなど、様々な困難があった。

Monster
Warner Brothers
¥1,480(2024/03/03 18:14時点)

New Adventures in Hi-Fi

1996年作。

大雑把に言ってしまえばAutomatic for the PeopleとMonsterを足して2で割ったような音楽性だ。
エレキの音もあるしアコギの音もあるしピアノの音もある。

特にAutomatic for the Peopleの世界観が好きな方には是非ともお勧めしたい。
このアルバムは一般的な代表作の影に隠れてしまいがちだが、How the West Was Won and Where It Got Us、The Wake-Up Bomb、New Test Leper、Leaveなど良い曲が収録されている。
アルバム後半の曲は多少質が落ちるものの隠れた名盤といえるだろう。

E-Bow the Letterではメンバー憧れのパティ・スミスがゲスト参加している。

Up

1998年作で、ドラマーのビル・ベイリーの脱退を乗り越えて制作されたアルバム。
ビル脱退前からドラムマシーンやドラムループを取り入れるアイデアはあったようだが、ビル脱退を受けてそうせざるを得ない状況になった。

ドラムマシーンの素朴なビートにエレキやアコギ、ピアノやオーケストラサウンドをかぶせ、壮大で悲しみ溢れるサウンドを作り上げている。
またSonic YouthのノイズやSuicideのビートを連想させる瞬間もあり、実験的な作風となった。
当時のファンはあまりの変貌ぶりに戸惑った方も多いと思うし、リアルタイムでなくても彼らの代表作を聞いた後だと大胆な変化に驚かされるはず。

アップテンポな曲は数曲で、大半はミドル・スローテンポの暗い曲でキャッチーさは皆無。
だが、何回も繰り返して聞くとこのアルバムの奥が深い魅力が理解できるはず。

3人編成となった彼らの新しいサウンドも、マイケルの沈んだヴォーカルも、アルバムの世界観も素晴らしい。
名曲のオンパレードと言っても過言ではない。
New Adventures in Hi-Fiとは違った意味での隠れた名盤だ。

Up
Warner Bros./wea
¥799(2024/03/03 18:14時点)

Reveal

2001年作。

前作で垣間見せた実験的な部分は消え失せ、明らかに打ち込みだとわかるようなドラムの音は減った。
90年代に築いてきた王道R.E.M.路線にシンセサイザーを織り交ぜた音楽性で、前作が好きになれなかったファンも納得するだろう。

このアルバムの最大の特徴はメロディアスなこと。
だが甘すぎるメロディが逆に仇となっていると感じるのは私だけだろうか?

今作のR.E.M.らしい壮大なサウンドと甘いメロディという組み合わせは、Automatic for the Peopleのような説得力はなく、大げさすぎると感じてしまう。
あからさまな売れ線だとは思わないが、メインストリームという言葉が頭に浮かんできて、何回も聞く気が起きない。

The LiftingやImitation of Lifeは良い曲だと思うが・・・。

Reveal
Warner Brothers
¥141(2024/03/01 23:09時点)

Around The Sun

2004年作。

前作と比べて1曲で使用される楽器が少なくなりシンプルなものとなり、素朴な中にも力強さを感じさせるものとなった。
直接的な歌詞はないものの、2001年の9.11、アフガニスタン紛争、2003年のイラク戦争が大きく影響しているアルバムなのは間違いない。

メンバーはこのアルバムのことをよく思っていないようで、次作のインタビューでは失敗作であるかのような発言をしている。
2011年の解散時のインタビューではこのアルバムが不本意な出来になったため、バンド活動を続けるモチベーションになったとのこと。

可もなく不可もなくといった曲もあるが、Leaving New York、The Outsiders、High Speed Train、The Ascent Of Manなど良い曲も収録されているので、そこまで貶す必要はないと思うが。

Accelerate

2008年作。

ビル・ベイリー脱退後の3作を迷走と振り返り、R.E.M.らしさを追求した結果、彼らが辿り着いたのは音楽ジャンルとしてのパンクだった。

歪んだギターが主役でメロディは単純明快でキャッチー、歌詞は世の中に対する怒りや不平不満。
全11曲34分。
齢50にして若々しいアルバムを作り上げた。

と言ってしまえば聞こえは良いが、そう思うのはR.E.M.のキャリアを追いかけてきた故か。
R.E.M.というバンドの歴史を知らない人にとっては質は高いものの、ありきたりのキャッチーなロックだと感じてもおかしくないだろう。

奥深さを追求してきた反動でこのアルバムが生まれたようだで、それもありだとは思うが、R.E.M.には単純さよりも奥深さで勝負して欲しい気もする。
傑作とされているアルバムの水準には達していないものの、たまに聞きたくなるアルバムといったところ。

Greenが気に入ったなら聞いてみると良いだろう。

Collapse Into Now

2011年にリリースされた最終作。

ポップでハードという前作の延長線上にあるようなアルバムだが、今作の方がフォークな曲が多くそれが良いアクセントになっている。

1曲目のDiscovererがDocumentの1曲目のFinest Worksongに似ているためか、全体的な印象でもDocumentを思い出してしまう。

R.E.M.史上ベスト5に入るアルバムだとかOut Of Time以来の自信作だというメンバーの自画自賛もあるが、個人的には彼らの傑作と呼ばれているアルバムを一通り聞いて気に入ったなら次はこのアルバムをお勧めしたい。

最後の曲Blueではメンバーの原点ともいえるパティ・スミスと共演した素晴らしい曲だ。
リリースから約6か月後に解散を表明し、最後に傑作を作り上げたという充実感のもと、30年以上にも及ぶバンドの歴史に幕を閉じた。

ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド03へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Hyottokoをフォローする
GRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイト
タイトルとURLをコピーしました