Bikini Kill (ビキニ・キル)

Pocket

Bikini Kill (ビキニ・キル)のアルバム紹介

Bikini Kill (ビキニ・キル)の概要

ビキニ・キル90年にキャスリーン・ハンナとトビ・ヴェイルを中心にオリンピアで結成。
ライオット・ガールというフェミニズム思想を持ったパンク・バンドが勃発させたムーヴメントの中心的バンドとして知られる。

詳しくはRiot Grrrl(Riot Girl ライオットガール)やこのムーブメントに詳しいP.W.A.を見ていただきたい。

サウンドはストレートなパンクだが、近親相姦や白人男性優位など、男が優位な社会に喧嘩を売る歌詞もこのバンドの魅力だ。

Bikini kill 19曲(You Tube)

ビキニ・キルに関しては当初、正直言って音楽的に対して面白くないと思っていたんだけど、でもそれから素晴らしいバンドになっていったと思う。
本当に強烈なバンドになったし、特にキャスリーンの歌詞は好きだったよ。

つまり男と均等の機会を与えられないことが多い社会の現状と向き合って、フェミニズムを自分の人生に取り入れるきっかけになったという。
何と言うか、若い女性たちが一種の護身術を身につけたっていうかね。
勢いのあるムーヴメントだったし、重要なものだったんだよ。
(Sonic Youth / サーストン・ムーア BUZZ Vol.41 April 2003から引用)

バンドは98年に解散してしまったが、彼女たちの影響は大きかったといえるのではないか。
日本でも多く見られるライヴ会場での痴漢や、かよわい女性を無視したダイヴやモッシュに怒りを覚える女性には是非とも興味を持って欲しいバンドだ。

解散後キャスリーンはLe Tigreというエレクトロパンクユニットで、トビはSpider and the Websで活動していた。

世間では#MeToo旋風が吹き始めた2017年に単発的に再結成、2019年にはツアーをするために本格的な再結成をはたした。

関連リンク


多くの人が知りたいであろうカート・コバーンとの関係について

ティーン・スピリット・ストロベリー(2006年)トビ・ヴェイルは、同じくオリンピアに住んでいたカート・コバーンと交際していた。
トビのフェミニズム・パンク思想はカートに大きな影響を与えたようだ。

しかしカートが望んだ男女関係は、トビにとっては古臭い男女差別的な関係だったらしく、結局カートはトビにふられてしまう。
NevermindはDrain Youに代表されるように、この失恋が色濃く出たアルバムだといわれることもある。

Teen Spiritは「10代の魂」ではなく、トビが愛用していた10代向けのデオドラント。
キャスリーンに「カートはティーン・スピリットの匂いがする(Kurt Smells Like Teen Spirit)。」、つまりトビと性的関係があることをからかわれた。
時代のアンセムはこうした背景から生まれたようである。


Bikini Kill (ビキニ・キル)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Pussy Whipped

93年リリース。
12曲25分というストレートなアルバム。
Star Bellied Babyでのブチギレが凄まじい。
音楽路線はあまり変わらないのでこれから聞いても良いでしょう。

日本盤は無し。

Pussy Whipped – iTunes


Reject All American

96年リリース。
これも1、2分台の曲が多いストレートな作品。
サウンドの質と演奏技術の向上が感じられるが、そのぶん怒り爆発や荒々しさは多少後退した感がある。
False Startは彼女たちの新境地。

日本盤は無し。

Reject All American – iTunes


2.コンピレーションアルバム

The CD Version of the First Two Records

初期のEP2枚を1枚にまとめたもの。

“We’re Bikini Kill and we want revolution Girl-style now!”とはじまるのがカッコいい。
チープな音の単純なパンク・ロックだが、歌詞の内容がわからなくても怒りは感じられるだろう。
歌詞の興味がある場合、海外のサイトに多数掲載されているので、自力で訳すかWeb翻訳などを駆使して理解して欲しい。

Suck My Left One、White Boy、Thurston hearts The Whoが個人的には好き。

日本盤は無し。

The CD Version of the First Two Records – iTunes


ページの先頭へ戻る

シアトル・SUB POP周辺のバンド04へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket