Riot Grrrl(Riot Girl ライオットガール)

Pocket

ライオット・ガールは、90年代前半にシアトル近郊のオリンピアから始まった、フェミニズム思想(男女同権を実現し、性差別のない社会をめざして、女性の社会的・政治的・経済的地位の向上と性差別の払拭(ふつししょく)を主張する論。大辞林より)を持ったパンク・バンドが起こしたムーブメントだ。

中心となったのは、Bikini KillをメインにBratmobile、Huggy BearといったオリンピアのKill Rock Starsというインディ・レーベルに所属するバンドであり、Hole、L7、Babes In Toyland、PJ Harveyなども同一視する場合もあるが、PJ HarveyやLiz Phairはライオットガールと同一視されることに嫌悪感を示した。

ビキニ・キル90年に結成されたBikini Killは、男性中心のパンク・ロック界にNO!といい、「フェミニスト=クール」にしようと活動を開始する。
ライヴの前には男性は後方に行くように指示したり(女性をモッシュから守るため)、ライヴが観客のレイプや近親相姦体験を告白する場となったりした。

ブラットモービルしだいに支持を広げてゆき、92年にメインストリームのメディアに取り上げられるまでになったが、残念ながらそれらはライオット・ガールを抑圧するものであった。

女性に対して排他的な男性に対して怒っていたのに、マスコミは男性嫌悪者、男性排除主義者などと報道し、世間に本質とはかけ離れた、「ライオットガール=怖い」というネガティヴなイメージを植えつけた。
挙句の果てにはNOFXから「男に対して怒ってばかりいてもしょうがない」と曲で攻撃される始末。
彼女たちの本質は単純な男性嫌悪ではなく、女性に対して排他的な男性や価値観に対する反抗だったにもかかわらず・・・。

こうして、メインストリーム規模では本質が伝わらなかったようだが、今のその影響は残っていると言えるだろう。
その一つは2000年にオリンピアで始まったLady Festであり、年々規模を拡大しながら続いている。
日本のインディにもライオットガールに影響を受けたバンドが多数存在するようだ。

余談だが、このBikini KillはNirvanaと無関係ではなく、むしろBikini KillがいなかったらNevermindが生まれることもなかったのだから面白い。

関連リンク


Pocket