toggle
2009-06-12

アルビニはグランジ出身?

コンニチハ、スティーヴ・アルビニです。
ロッキング・オン2009年7月号によると、僕は「グランジ出身」で「グランジ仙人」だそうです。

これらの表記はジャーヴィス・コッカーのインタビュー記事中に書かれていたものです。
ジャーヴィス・コッカーの新作はアルビニが録音しているようで、それでアルビニの名前が出てきて・・・

ジャーヴィス・コッカーがそのように言ったわけではなく、インタビューと記事を担当した人がそのように表現していました。
まあ「USオルタナの代表」という表現もありましたが。


いやー、アルビニが「グランジ出身」とは知らなかったなw

音楽ジャンルを示す言葉なんてどれも曖昧なものだから、グランジという解釈は人それぞれ自由で良いと思います。
でも今回のは狂ってるとしか言いようがないなあ。
「アルビニ=NirvanaのIn Utero」という図式からそうなったんですかねえ?

まあ音楽ジャンルなんてそんなもんだとも思います。
それこそ「こんなのパンクじゃない。」と議論されるバンドなんて無数に存在するわけで。

俺だって理解していない部分も多いですし、使い方を間違っている部分もあると思います。

でも、この記事はやっぱり狂ってるよなあ・・・
「グランジ仙人」ねえ・・・

関連記事
コメントについて
コメントは管理人の承認制なので直ちに表示されません。名前は固定ハンドルネームでお願いします。名無しなどの明らかな捨てハンドルネームや名前をコメントごとに変える行為は禁止です。守っていただけない場合は相応の処置をします。どのサイトも同じだと思いますがサーバにアクセルログは保管されていますのでご承知おきください。

名前以外は必須ではありません。メールアドレスは記入したとしても公開はされません。