Foo Fighters (フー・ファイターズ)

Pocket

Foo Fighters (フー・ファイターズ)のアルバム紹介

Foo Fighters (フー・ファイターズ)の概要

カート・コバーン自殺後、Nirvanaのドラマーだったデイヴ・グロールは数ヶ月間何もしないで過ごしたようだが、本格的に音楽業界復帰を決意するようになった。

きっかけは、7 Year Bitchからの手紙と、エディ・ヴェーダーとクリス・ノヴォゼリックと共に参加したマイク・ワットとのセッションだった。
特にワットとのセッションは大きな刺激を与えられたようだ。

当初は、デイヴがギターヴォーカルという形で復帰するとは思ってもいない人が多く、驚いた人も多かった。
また、ソングライターとしてのデイヴの才能にもビックリしただろう。

Foo Fighters 17曲(You Tube)

Nirvana時代は、ソングライティングの主役はカートだったが、デイヴはコツコツと曲を作ってはレコーディングしていた。
中にはカートが大いに気に入ったアイデアもあり、Nirvanaの曲として発表しようという話もあったが、結局Marigoldだけしか実現しなかった(MarigoldはNirvanaのシングルのB面に収録されたのだが、製作やレコーディングはバンドとして本格的に取り組んだ訳ではなかったようで、デイヴ自身はNirvanaの曲と思うのは難しいと発言している)。

そのデモテープを元にFoo Fightersのデビューアルバムを製作。
全ての楽器をデイヴがプレイしており、バンドというよりソロアルバムと言っていいだろう。
レコーディング終了後にバンドメンバーを捜し始め、後期Nirvanaのツアーギタリストだったパット・スメアも加入している。

元Nirvanaという色眼鏡で見られることへの嫌悪からだろうか?
当初はインタビューはおろかビデオすら製作せず、全くのノンプロモーションだった。

音楽性は王道ハードロックといった感じで、しかもポジティブで明るい。
メロディも分かり易くてキャッチーだ。
80年代のメインストリームと何ら変わりのない音と言う評論家もいるが、爆発力は凄まじく、かなりの高揚感を得ることができる。

1stが高評価され、バンドとしての実質上のデビューアルバムとなる2ndをリリースするも、バンドのメンバーが安定しないという苦難が続いた。
飛行機嫌いのパット・スメアもツアーを苦にバンドを去っている。

当初のメンバーで残っているのはシアトル出身でSUB POPに所属していたSunny Day Real Estateのネイト・メンデル(B)のみ。
現在のDrはアラニス・モリセットのツアーに参加していたテイラー・ホーキンス、ギターは元No Use For A Nameのクリス・シフレット。
2002年の4th以降はこのメンバーで安定しており、デイヴも「これが最後のラインナップ」と宣言している。

バンドはフジロックでトリを努めるほどの人気を獲得し、2005年にはアコースティックなアルバムを発表したりと、成長しながらもトップバンドとして活躍中だ。

また、ドラムマシーンと評されたこともあるデイヴはドラマーとしても大活躍で、Queens Of A Stone AgeやNine Inch Nails、Gargabeなどのアルバムに参加している。

関連リンク


Foo Fighters (フー・ファイターズ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Foo Fighters

95年の記念すべき1st。
“X-Static”でAfghan Whigsのグレッグ・デュリがギターでゲスト参加しただけで、その他の全楽器はデイヴがプレイしており、実質はデイヴのソロアルバムだ。
曲は上述したようにNirvana時代から製作してきたもの。

レコーディングを5日で終えたためか、素朴な雰囲気に仕上がっている。
バンド至上最も暗い雰囲気で、当時はNirvanaを引き合いに出されてレビューされたようだ。
確かに全体的にダークで”Podunk”とかはNirvanaを連想してしまうが・・・。

“This Is A Call”のようにエネルギッシュな曲もあれば”Big Me”のように大人しい曲もあり、この時点でフーファイの王道は確立されている。

カート・コバーンが気に入っていたのは”Alone + Easy Target”と”Exhausted”。
カートはデイヴに歌詞を変えたいと言い出せなかったという話も残っている。

元Nirvanaという目で見られるのを嫌ってだろうが、デイヴの名前をクレジットせずにインディからリリースするというアイデアもあった。

Foo Fightersの日本盤

Foo Fighters – iTunes Store


The Colour and the Shape

97年の2nd。

デイヴはポップ・アルバムを作りたかったと話していたが、実際その通りでアグレッシヴでノリのよい曲が印象的。
“Monkey Wrench”、”Hey, Jonny Park!”、”My Hero”、”Everlong”がオススメ。

“My Hero”はバンド至上屈指の名曲だが、カートのことを歌ったと解釈されることが多い曲(事実かどうかは不明)。
“February Stars”はカートのことでは無いようだ。

レコーディング前にドラマーが脱退したため、デイヴがドラムも担当した。

The Colour and the Shapeの日本盤

The Colour and the Shape – iTunes Store


There Is Nothing Left to Lose

失うものは何もないというタイトルが印象的な99年の3rdアルバム。
レコーディング開始直前にギタリストが脱退、結局ギターは全てデイヴによるものとなった。

他のアルバムと比べてメロディが際立っている。
デイヴ自身もメロウなアルバムにしたかったと語っている。

というわけで、メロディを堪能するならこのアルバムがオススメ。
代表曲は”Breakout”、”Learn To Fly”、”Generator”。

There Is Nothing Left to Loseの日本盤

There Is Nothing Left to Lose – iTunes Store


One By One

このバンドは、どのアルバムも同じような音楽性なので、どれから聞いてもいいような気がするが、個人的には2002年の4thがベスト。
最もヘヴィな仕上がりで、バンド至上最も攻撃的、衝動的で、熱い気持ちにさせてくれる。

1曲目の”All My Life”から”Low”、”Have It All”、”Time Like These”とアグレッシヴな曲で突っ走り、中盤以降は”Tired Of You”のような静的な曲も織り交ぜ、メロディアスな曲も堪能できる。

まずはこれから聞いて欲しい。

One By Oneの日本盤

One By One – iTunes Store


In Your Honor

2005年の5th。
以前はメンバーチェンジが多かったが、前作と同じメンバーで製作された初のアルバムとなった。

このアルバムは2枚組みで、1枚目はフーファイらしいロックなアルバム。
“Best Of You”や”The Deepest Blues Are Black”が分かり易くてオススメ。
乾いたドラム音が氾濫していた音楽シーンへの対抗心があったようで、サウンドは壮大で洗練された印象を受ける。

2枚目は挑戦的なアコースティックなアルバム。
ポップなメロディに頼らず、アコーディオンやピアノなどクラシカルな楽器を取り入れた奥が深い曲が多い。
メンバー以外のゲスト参加も多く、ノラ・ジョーンズが参加した”Virginia Moon”はハイライトとして語られることが多い。

自ら築き上げた王道サウンドから脱却を図るのはパンク精神全開でまさにオルタナティヴ。
今後が楽しみだ。

In Your Honorの日本盤

In Your Honor – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド06へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket