7 Year Bitch (7・イヤー・ビッチ)

Pocket

7 Year Bitch (7・イヤー・ビッチ)のアルバム紹介

7 Year Bitch (7・イヤー・ビッチ)の概要

90年に結成されたシアトルのガールズパンクバンド。
マニアックなバンドなので、映画”hype!”ではじめて彼女達の音楽に触れた人も多いと思う。
音楽性はノイジーでヘヴィなパンクでライオットガールにカテゴライズされることもある。

L7やBabes In Toylandが好きな人は聞いてみるといい。

7 Year Bitch 11曲(You Tube)

ガールズバンドだけに差別も受けたようで、Rage Against The Machineの前座を勤めたときは女性軽視的な大ブーイングにさらされたことがあった。
後にステージに上がったRage Against The Machineが、「俺達の友達である7 Year Bichにブーイングしやがって!」と観客に喧嘩を売ったという話も残っている。

ギタリストのドラッグ死というトラブルもあったが、シアトルのレーベルであるC/Zからアルバムを2枚リリース。
強姦殺人事件で他界したThe Gitsのミア・サパタと友達だったことから、2ndアルバムのタイトルは追悼の意味合いを込めて”Viva Zapata!”としたようだ。

96年にメジャーデビューを果たしたものの、アルバムが売れなかったことから契約を打ち切られてしまい、バンドは解散してしまった。

関連リンク


7 Year Bitch (7・イヤー・ビッチ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Sick ‘Em

C/Zからリリースされた92年の1st。

映画”hype!”で披露されていた”Knot”はこのアルバムに収録されている。
Gato Negroと比べて音は素朴だが、荒々しさは上。

日本盤は無い

Sick ‘Em – iTunes Store


Gato Negro

メジャーからリリースされた96年の最終作。
7 Year BitchのアルバムのCDはこれ以外入手が難しいので、まずはこれから。

音楽性は上に書いた通りノイジーなパンクサウンド。
ありきたりと言ってしまえばそれまで。
しかし最近こんなガールズバンドはお目にかからないと思ったりもする。

日本盤は無い

Gato Negro – iTunes Store


Viva Zapata!

94年の2nd。
こちらも配信以外では入手は困難、CDなら中古を地道に探すしかない。

管理人は聞いたことが無いのでノーコメント。

日本盤は無い

Viva Zapata! – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル・SUB POP周辺のバンド07へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket