90年代オルタナ

90年代オルタナ

2017年にPJ Harveyについて再考する

昨日はPJ HarveyのThe Hope Six Demolition Projectの歌詞和訳を投稿しました。 もう2度とないであろうと思っていた来日公演はもうすぐです。 これをご覧になっている皆さんは行かれるのでしょうか? 私はもちろ...
90年代オルタナ

ShellacやらMelvinsやらの雑記

少し前に流れたこのニュースはご存知でしょうか? スティーヴ・アルビニ、ダンス・ミュージックのありとあらゆる要素が大嫌いだと罵倒 まあクラブミュージックを聞く層は「やるべきことをやるクラスの人気者」って主流派の人たちが多いでしょうし、はみ出し...
90年代オルタナ

8年ぶりに「かすんでみえるもの」の「歌2」について

コンニチハ、「かすんでみえるもの」というバンドのシンガーです。 「ネヴァーマインド」には好きな曲が幾つかあったけど、それは単にしょっちゅう耳にしてたからさ。 あの意味のないへヴィさがどうしても好きになれないんだよ。 それにあの自己嫌悪ってや...
90年代オルタナ

R.E.M.についてダラダラと

毎度のことながらブログの更新するのは久しぶりです。 毎度のことながら久しぶりになるのはサイトを更新しているからという言い訳です。 現在修正中のR.E.M.のページですが、5thアルバムDocumentまで終わりました。 これでインディ時代の...
90年代オルタナ

GRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイトを更新しようとは思っています

約4年間も放置状態のGRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイトなんですが、先日Googleからメールが来たのを機に何とかしようかなあと思い始めました。 メールの内容は「あなたのサイトはスマホだと見にくいん...
90年代オルタナ

レコード氷河期に「レコード万歳」と主張していたPearl JamのVitalogy

もう2014年ともなれば90年代ネタでブログを書くのもネタ切れで難しいんですけどね。 約一か月前にこんなニュースが流れました。 ジャック・ホワイト、ソロ新作『ラザレット』が1994年以来最も売れたアナログ盤に認定 Lazarettoは本当に...
90年代オルタナ

Nirvanaのロックの殿堂入りの演奏パフォーマンスについて

コンニチハ、SUB POPのフォトグラファーだったチャールズ・ピーターソンです。 ニルヴァーナの最大の功績はアンダーグラウンドの世界に光を当てた事だ。(クラシック・アルバムズ : ネヴァーマインドから引用) 4年前に書いたNirvanaのN...
90年代オルタナ

Soundgarden / Superunknownのリマスターの感想

今日はSoundgardenのSuperunknownのリマスター盤の感想です。 私はスーパーデラックス盤とレコード盤を購入しました。 発売日から約半月遅れでようやく聞くことができました。 詳細はSuperunknown20(オフィシャルサ...
90年代オルタナ

Pixies / Indie Cindyの感想

コンニチハ、Pixiesのブラック・フランシスです。 最近の人々はオンライン上の自分の物語、自分自身のプロファイルを消費しているんだ。 他でもない、そこに精を出しているわけ。 「俺のあれ見てくれた?」「いやまだだ。自分のことで忙しいから」っ...
90年代オルタナ

Soundgarden / SuperunknownのSuperunknown 20th Anniversary Editionがリリースされます

今回もSoundgardenネタです。 前回はNINとツアーをするのが驚きと書きましたが、ツアー日程をよく見ると、今年もSoundgardenのフジロックもサマソニも残念ながら100%ないなあと。 もっと言えばマット・キャメロンの予定が埋ま...