Supersnazz (スーパースナッズ)

Pocket

Supersnazz (スーパースナッズ)のアルバム紹介

Supersnazz (スーパースナッズ)の概要

グランジ・オルタナ期にSUB POPからアルバムデビューを飾った知る人ぞ知る日本のインディパンクバンド。
音楽性はNirvanaやSoundgardenらをイメージするものではないが、グランジをSUB POP周辺のバンドとするならば、日本のグランジはこのバンドだけということになる(こんなことを考えるのはバカらしいが)。

結成は90年。
当初は全員女性だったようだが、現在は男性もメンバーにいる。

92年にAmerican Soul Spiders(Teengenerateの前身バンド)とアメリカでツアーを行った。
シアトル公演の際にSUB POPの目にとまり、93年に”SUPERSTUPID!”をリリース。
詳しい経緯やバンドの歴史はオフィシャルサイトを見て欲しい。

そういうこともあってシアトルのミュージシャンとは関係が深い。
特にプロデューサーを務めたカート・ブロックとは親密なようだ。
シアトルバンドが来日した際には前座を勤めたことも多数あったようで、SUB POPのLame Festが日本で開催されたときにも参加している。

バンドは今も日本のインディで活動中。

関連リンク


Supersnazz (スーパースナッズ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Superstupid!

93年にSUB POPからリリースされたデビューアルバム。

ストレートでポップなパンクといったところだが、スリル満点で聞いていて心地よい。
アメリカからの逆輸入という形で日本に広まったようだが、日本のインディにもこのようなバンドがいたという事実には感激。

ただ、アルバムは現在入手困難か。

Superstupid!の日本盤


ページの先頭へ戻る

日本のグランジ?01へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket