日本のグランジ?01

Pocket

01  02

グランジの解釈にもよるが、個人的には日本のグランジという言葉自体おかしい。
特にシアトル以外の自称グランジは、自分がフォロワーだと宣言しているように思える。
現にシアトル関連のバンドで自称グランジ・バンドは存在しない。
詳しくはグランジって何?を参考にしてほしい。

しかし、日本のバンドもグランジと呼ばれたバンドの影響下にあるバンドが存在するのも事実。
ここでは、個性的な者から評判の悪いバンドまでほんの少し取り上げてみる。


Cocco

COCCOグランジ的な要素を取り入れながらも、リアルな表現と個性的な音楽を生み出すことに成功した。
自身のダークな側面を表現する力には脱帽。

>>>Cocco詳細


Supersnazz

スーパースナッズ日本のバンドの中で、グランジ・オルタナ期にSUB POPからオファーを受け、アルバムをリリースした唯一のバンド。
女の子だけのパンクバンドだった。

>>>Supersnazz詳細


亜矢

亜矢1stアルバムにはNirvana、Soundgarden、Pearl Jamのメンバーが参加したことで世界的に話題になった。

>>>亜矢詳細


ART-SCHOOL

アート・スクールNirvanaに多大な影響を受けたと語る木下理樹が率いるバンド。
個性不足かリアルな表現者か意見が分かれるところ。

>>>ART-SCHOOL詳細


al.ni.co

アルニコWANDSで商業的な活動をしていた上杉昇と柴崎浩がグランジ・オルタナに傾倒。
脱退後にal.nico.を結成した。

>>>al.ni.co詳細



Pocket