Ministry (ミニストリー)

Pocket

Ministry (ミニストリー)のアルバム紹介

Ministry (ミニストリー)の概要

82年にシカゴで活動を開始したMinistryは、一応バンド形式のようだがアル・ジュールゲンセンのプロジェクトと見て良いだろう。
インダストリアルと呼ばれる音楽の先駆者として有名。

インダストリアルについて説明すると長くなるので省略するが、彼らの特徴としては、エレクトリックなサウンドとロックを融合させた、冷徹で暴力的なサウンドだ。
ダンサンブルな部分もあるが決して笑顔で聞ける音楽ではなく、アメリカ社会のダークな部分と共に語られることもある。

Ministry 29曲(You Tube)

世界はどんどん恐ろしくなってきている。
まるでファシストがウッドストック20周年を記念してフェスティヴァルを開いているみたいだ…
オゾン層の破壊だの世界が吹き飛ぶだのと周りが言っている所で、どうやってポップスを演奏するんだ?
音楽は聴き手に往復ビンタを食らわすようなものでなければならない。
(アル・ジュールゲンセン)

86年に2ndアルバム”Twitch”でインダストリアル・ロックとしての金字塔を打ち立て、その後は元Blackoutsのポール・バーカーが加入。
以降2003年までアルとポールの双頭体制となる。

ポール加入後、88年の3rdアルバムでメタリックなギターを導入、より凶暴で過激なサウンドを確立しCMJチャートで評判となり、インダストリアル・メタルの基礎を作った。
彼等が存在しなければ、NINの現在もないということは容易に理解できるだろう。

アル・ジュールゲンセン毒を失った80年代メタルとの差は一目瞭然であり、90年代感覚のメタルとしての評価も高い。
しかし、92年のアルバム”Psalm 69″で全てをやりつくしたとされ、その後の作品は過去の焼き直しと言われ、イマイチ評価されず、2003年にはポールが脱退、完全にアルのプロジェクトとなってしまう。
だが今現在もバンドは活動中だ。

関連リンク


Ministry (ミニストリー)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Twitch

86年の2ndアルバム。
インダストリアル・ロックの名盤中の名盤。
この時点ではスラッシュメタル風のギターは無いので、メタルが嫌いな人はこれが最適。

キャッチーな曲もあるのだが全体的に重苦しいヘヴィな雰囲気で、楽しい気分で聞けるものではない。

カオスティックでヴァイオレンスな側面はすでに健在。
特にラスト3曲が強烈だ。

Twitchの日本盤

Twitch – iTunes Store


The Land Of Rape And Honey

88年の3rdアルバム。
ポール・バーカーが加入してから初のアルバムであり、スラッシュ・ギターを取り入れた転換的アルバム。
TwichとPsalm 69の中間地点といったところか。

アルバムタイトルに相応しい冷たいビートと断末魔の叫びのようなヴォーカル。
これにリアリティを感じないのは平和ボケした人間だろう。

The Land Of Rape And Honeyの日本盤

The Land Of Rape And Honey – iTunes Store


The Mind Is a Terrible Thing to Taste

89年の4thアルバム。

アップテンポで疾走感溢れる曲が多く収録されている。
過激さという点では他の作品より劣るが、その分聞きやすいのでこれから入るのも悪くはない。

The Mind Is a Terrible Thing to Tasteの日本盤

The Mind Is a Terrible Thing to Taste – iTunes Store


Psalm 69 (詩篇69)

92年作。
まずは最高傑作とされるこれから聞いて欲しい。

前述した音楽性を如何なく発揮した結果、曲の質や暴力的な雰囲気はこのアルバムがNo.1。

とにかく過激で、80年代メインストリームになかった「こいつらやばいぞ!」というロックならではのスリルに満ちている。

Jesus Built My HotrodにはButthole Surfersのギビー・ハインズがゲストヴォーカル。

Psalm 69 (詩篇69)の日本盤

Psalm 69 – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド04へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket