PJ Harvey / Uh Huh Herの紹介

2004年の7thアルバム。

前作のポジティブでポップな要素をあっさりと捨て、再び内向的な路線となった。

「絶望的な愛の王国」といった曲のタイトルからも理解できるだろう。

ドラムはロブ・エリスが叩いているが、その他の楽器とプロデュースはポーリーが全て担当している。

サウンドは原点回帰的と評されることが多い。

シンプルでローファイ、荒削りな仕上がりだ。

しかし過去のアルバムとは一味違うと感じるのは、本人がいうように揺るぎない向上心によるのだと思う。

怒り狂う曲からアコギで歌い上げる曲まで表現力は、初期と比べて確実に変化している。
7作目にもかかわらずマンネリ化とは無縁で、しかも傑作を作り上げるとは、ポーリーは真のアーティストだとしかいいようがない。

この時期のツアーの様子を収録した映像作品としてPlease Leave Quietlyがある。

オン・ツアー:プリーズ・リーヴ・クワイエットリー [DVD]
ユニバーサル インターナショナル
¥1,925(2024/05/29 22:37時点)

PJ Harvey (PJ ハーヴェイ)へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Hyottokoをフォローする
GRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイト
タイトルとURLをコピーしました