Garbage (ガービッジ)

Pocket

Garbage (ガービッジ)のアルバム紹介

Garbage (ガービッジ)の概要

Nirvanaの”Nevermind”、Smashing Pumpkinsの”Siames Dream”の大ヒットにより一躍有名となったプロデューサー、ブッチ・ヴィグが結成したバンド。
ブッチ自身はドラムをプレイしている。
メンバーにはブッチの旧友であるスティーヴとデューク(共にプロデューサーだったようだ)、そしてMTVで見かけたシャーリー・マンソンに加入を要請し、94年にバンドはスタート。

当時としては女性ヴォーカルを前面に押し出したロックバンドは数少なく珍しい存在だったが、95年の1stと98年の2ndが共に400万枚以上売れ一躍トップバンドとなった。

Garbage 15曲(You Tube)

音楽性は、ギターロックとダンスミュージックの架け橋とか評されるように、ロックとサンプリングなどの電子音を混ぜ合わせたもの。
ブッチのバンドということでグランジを期待した人は多かっただろうが、見事にそういう人たちの裏をかいた音楽性だった。
また、シャーリーの妖しげでセクシー、ダークとポジティブが同居した歌声も魅力の一つ。
そして、メロディが異常なまでにキャッチーでポップセンスに溢れていること。

当時は、このような音楽性は珍しかったようで存在自体がオルタナティヴだったらしいが、珍しくなくなってしまった現在に聞いてみると単なるポップバンドにしか聞こえないかもしれない。
インディ、ローファイ感は無に等しく、ヴォーカルエフェクトを多用する等かなり作り込まれたサウンドなので、そういうのを期待する人は手を出さない方がいい。

初期はダンサンブルなビートが印象的だったが、作品を重ねるにつれエレクトロニクスの取り入れ方も変化し、ヒップホップやR&Bを連想させる音も目立ってきた。
シャーリーの歌も進化し、電子音よりも人間の出す音を重視している感がある。

バンドは今も進化しながら存続中だ。

関連リンク


Garbage (ガービッジ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Garbage (G)

95年のデビューアルバム。
このバンドのアルバムは全てポップでキャッチーなのでどのアルバムから聞いても良いが、まずはこれをオススメしたい。

シャーリーのヴォーカルは発展途上といった感じだし、メンバー全員が手探り状態で製作されたアルバムだが、極上のポップアルバムに仕上がっている。

全曲キャッチーだが、Supervixen、Only Happy When It Rain、Vow、Stupid Girlが特に聞きやすい。

Garbage (G)の日本盤


Version 2.0

98年の2nd。こちらもポップソング満載。
ギターとエレクトロな音のバランスが絶妙なのでこちらから聞いてもいいだろう。
中古で激安売りされているし(苦笑)。

前作と比べるとアップテンポな曲が目立ち、力強さを感じさせてくれる。
シャーリーの挑発的な声も印象的だ。

極上ポップのTemptation WaitsとPush It、疾走感溢れるWhen I Grow UpとSpecialがオススメ。

Version 2.0の日本盤


Beautiful Garbage

2001年の3rdアルバム。
打ち込みの音がバラエティ豊かになり、制作方法も人間の音を重視したように新たな次元に到達したことを感じさせる。
シャーリーの歌の進歩が著しい。

Shut Your Mouth、Androgyny、Til The Day I Die、Cherry Lipsなどのポップス満載だが、ダンスビートだけでなく様々なサウンドを取り入れているのが素晴らしい進歩。
まずはこれから聞くのが良いかもしれない。

Beautiful Garbageの日本盤


Bleed Like Me

2005年の4th。
バンド内の人間関係の悪化などによる、解散の危機を乗り越えて製作された。

Boys Wanna Fightのように2ndの頃を連想させる曲もあるが、デジタルサウンドが減り、ギターなどの生身の音の存在感が格段に向上。

そのためか力強くエネルギッシュな仕上がりになっている。
ただ、ポップなメロディは他のアルバムの方が上なので、後回しにした方が良いかもしれない。

Bleed Like Meの日本盤


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド06へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket