Ani Difranco (アーニー・ディフランコ)

Pocket

Ani Difranco (アーニー・ディフランコ)のアルバム紹介

Ani Difranco (アーニー・ディフランコ)の概要

90年代に登場したDIY精神溢れる女性ミュージシャン。
ニューヨーク出身。

彼女の音楽性のベースはフォークだが、指にテープで固定した爪で激しく演奏する情熱的なものだ。
元々は演奏をロクに聞いていないオーディエンスの注目を集めるために編み出されたようだが、その激しさからカミソリ・ギターと呼ばれることもある。
歌詞の題材は恋愛だけでなく、戦争、貧困、ドラッグ問題などから男性優位社会への批判、同性愛、ロックスター批判など社会的なものが多い。

Ani Difranco 15曲(You Tube)

私たちの世代は男に死ぬまで尽くすなんてことは無いわ
(Not A Pretty Girlの歌詞)

自分の気持ちを自由に歌う彼女はフォーク・パンクと呼ばれたりもした。

デビューは90年だが、作品は全て彼女自身のレーベルであるRigheous Babe(ライチャス・ベイブ)からリリースされている。
自分のレーベルから自分が好きなように作ったアルバムをリリースするという、ビジネスとは無縁なDIY精神溢れるスタンスはインパクトがあった。

デビュー以降、CMJチャートなどで徐々に注目されるようになり、96年のDilateがインディとしては破格の50万枚売り上げると、ビジネス的な成功者として経済関連のメディアに取り上げられたようだ。

初期の頃には”怒れるフェミニスト”、”レズビアン”といったレッテルを貼られたようだが、男性との恋愛を赤裸々に歌ったりと多面的な部分を表現するようになっていった。
音楽性もフォーク弾き語り一辺倒から、バンド編成やヒップホップの要素を取り入れるなど自由気儘に音楽性を広げていった。

そして現在もDIY精神溢れる活動をしている。

関連リンク


Ani Difranco (アーニー・ディフランコ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Not a Pretty Girl

95年リリース。
オリジナルアルバムとしては6作目にあたる。

この頃からフォーク弾き語り一辺倒ではなくなっているが、アーニーならではの強弱のついた鋭いカッティング・ギターを味わえる。
これが気に入ったら初期の作品を聞くのもいいかもしれない。

Not A Pretty Girl、32 Flavorは社会に違和感を抱いている女性にとっては共感できるであろう名曲だ。

Not a Pretty Girlの日本盤

Not a Pretty Girl – iTunes Store


Dilate

96年作。まずはこれをオススメ。
インディにもかかわらず50万枚以上売り上げ、90年代を代表する女性シンガーの地位に押し上げた。

以前のアーニーは同性愛に関することを歌っていたが、このアルバムでは彼女自身の恋愛について歌っており、それが男性相手であったため、同性愛者のファンに衝撃を与えた。

ヒップホップの要素を大胆に取り入れたOutta Me, Onto You、疾走感溢れるギターが印象的なSuperhero、ロックスターを皮肉ったNapoleonなどがわかりやすい。

Dilateの日本盤

Dilate – iTunes Store


Little Plastic Castle

98年作。こちらも傑作なのでオススメしたい。

偶像化されることに対する違和感が充満したアルバムだと言われている。

Gravelのように激しいギターの衝動的な曲もあるが全体的にリラックスした感がある。
トランペットなどの吹奏楽器も積極的に取り入れている。
Deep Dishが最たる例。

Little Plastic Castleの日本盤

Little Plastic Castle – iTunes Store


To The Teeth

99年リリース。

作品を重ねるごとに音楽性を広げて行った彼女だが、10作目のこのアルバムでもそれは変わらない。

キーボード、ファンク、そしてサンプラーなどのエレクトロニクスが特徴か。

音だけ聞くと完全にリラックスした感があるが、「ハリウッドに銃弾をぶっ放せ、MTVにもCBSにも」と社会的な怒りは健在。

To The Teethの日本盤

To The Teeth – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド06へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket