Screaming Trees (スクリーミング・トゥリーズ)

Pocket

Screaming Trees (スクリーミング・トゥリーズ)のアルバム紹介

Screaming Trees (スクリーミング・トゥリーズ)の概要

2006年現在、知名度の低いこのバンドを紹介するにはQueens Of The Stone Ageのアルバムに数多く参加していたマーク・ラネガンが在籍していたバンドというのが一番わかりやすいだろう。
ラネガンはカート・コバーンの大親友だったことでも有名だ。

結成は85年。
地元シアトルのインディで活動していたが、インディ大手のSSTに見出され徐々に頭角を表していった。
SSTでアルバムを数枚リリースした後、90年にメジャー契約。91年にUncle Anesthesiaでメジャーデビュー。
シアトル勢としてはSoundgardenと並んで先駆者的な存在だった。

このバンドの特徴はパンクを通過しつつもオーソドックスなアメリカンロックとラネガンの低音ヴォーカル、そしてサイケデリック感だといわれる。

Screaming Trees 27曲(You Tube)

しかし、この個性的な音楽性こそが日本はおろか世界的にも彼らの知名度がイマイチに終わった要因の一つとなった感がある。
他の有名シアトル・バンドとはかけ離れた音楽性ゆえに、所謂グランジ・ファンからソッポを向かれ、アンチ・グランジな人からは耳にする以前に他のバンドと同一視されたのは否めない。

96年の7thアルバムDustを最後にバンドは解散。
ちなみにラストツアーではジョシュ・オムがサポートギタリストとして参加した。

また、マーク・ラネガンはScreaming Trees時代からソロアルバムを積極的にリリースしている。

関連リンク


Screaming Trees (スクリーミング・トゥリーズ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Uncle Anesthesia

91年のメジャーデビュー作。
プロデューサーとしてSoundgardenのクリス・コーネルが参加している。
緊張感不足とかエネルギー不足だとか批判される今作だが、ポップでわかりやすい曲が多いので入門としては最適かも。

Uncle Anesthesiaの日本盤


Sweet Oblivion

92年リリースの6thアルバム。
まずは最高傑作といわれるこのアルバムから聞くといいだろう。
彼らの特徴であるサイケ感は間違いなくこのアルバムが最高潮。
ラネガンの歌声を聞いているとトリップできそう。

シアトル・バンドはヘヴィでシャウト連発のバンドだけではないと思い知ることができる1枚。

Sweet Oblivionの日本盤


Dust

96年リリースの最終アルバム。
前作と比べると、バンドのらしさを残しつつもメロディがより印象的。
メロディ重視の人はこのアルバムから入門した方がいい。
All I Know、Lost At You、Make My Mindのメロディは美しいし、Sworn And Brokenでは泣きのシンセを堪能できる。

このアルバムを聞いているとまだまだ良い作品を残すことができたのではないかとつくづく解散が惜しまれる。

Dustの日本盤


2.コンピレーション、ベストアルバム

Anthology: SST Years 1985-1989

SST時代のベストアルバム。
まずはこれを聞いて気に入ったらSST時代のアルバムをチェックするのがいいでしょう。
インディゆえに音の奥行き不足は否めないが、サイケ感はすでに健在。

日本盤は入手困難


3.マーク・ラネガンのソロ

Whiskey for the Holy Ghost

94年にリリースされたMark Laneganのソロアルバム。
ラネガンの歌声に惚れてしまった人はソロアルバムもオススメ。
サウンドはエレキギターを抑えたアコギ主体。
その分ラネガンの歌が前面に出ている。

日本盤は入手困難


ページの先頭へ戻る

シアトル・SUB POP周辺のバンド02へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket