toggle
2006-07-05

イタリアvsドイツとミサイルについて一言

久しぶりに自宅からの更新です。
イタリアが勝ちました!
前半はイタリアが飛ばしていたこともあって、イタリアが主導権を握っていましたね。
ドイツはピルロをフリーにしすぎた感がありました。
ピルロのパスは見ていて楽しい。
ガーナ戦のように見ごたえがあって、退屈なサッカーではなかった。

でも、後半はバテたためかドイツの攻勢が目立ちました。
ただ、攻められながらも失点しなかったし、結果から見ればイタリアのペースだったのでしょうか?

グロッソのゴールを引き出したピルロのパスは素晴らしかったし、デルピエロ・ゾーンからのゴールは美しかったです。

総合的に見て互角の試合だったと思いますが、ドイツはPKでもいいや的な雰囲気が感じられたのに対し、リッピがPKは嫌だったと語ったところに差があったのかなあと思います。

こんないい試合だったというのに、テレビは北朝鮮の話題で持ちきり。
タイミングが悪いなあ。
北朝鮮のミサイルに対して一言いうとしたら、日本がアメリカに対して忠犬ポチ公のように振舞ってきてよかったなあと思える数少ない瞬間でしたね(苦)。

関連記事