toggle
ライヴの感想2005年

Pixiesのライヴの感想(Zepp Tokyo 12月6日)

昨日の投稿の改訂版です。投稿を下書きにいておいたと思ったら公開しちゃってました。

というわけであらためて。
一昨日、ピクシーズのライヴに行ってきましたがとても良いライヴでした。

選曲はSurfer Rosa & Come on PilgrimとDoolittleからがメインだったのはうれしい。

2曲目の”Wave Of Mutilation”のアルバムとは違ったゆったりVersionは美しかった。後で調べたらB面集に収録されているUK Surfだったようだ。

“Where Is My Mind?”は勿論、”Here Comes Your Man” “Bone Machine” ”Monkey Gone To Heaven”等の名曲のオンパレード。
“River Euphrates”まで演奏してくれたんだから言うことなしだ。

“La La Love You”の甘くて溶けそうなギターは最高だったし、逆に他の曲の轟音ギターも印象的だ。
Joey Santiagoは、実は凄いギタリストなのかも。
単音のメロディーはいいし、カオスティックなリフも個性的だ。

ピクシーズのアルバムは、音がゴージャスとは言えず典型的なインディサウンドだと思う。
長所でも短所でもあるわけだけど、個人的に不満をあげれば、薄っぺらで音が良く聞こえないとか迫力不足だとかベースの音が弱すぎるとか。

今回のライヴで期待していたのは、「迫力あるサウンド」だ。
これは期待通りで、フランシスのシャウトは強烈だったし、ベースもズンズンきたし、Joey Santiagoのギターも良く聞こえたので「この人今まで気づかなかったけど凄い人?」と思ったのだ。

ライヴでのピクシーズは、ドラムは影から支えて、後は3人でバトルといった感じで、それぞれが存在感と個性を強烈に発していた。
「主役はフランク」というのは俺の偏見だった。

雰囲気は、キムの笑顔に象徴されるようにやんわりした感じなんだけど、「生ぬるさ」を感じさせない緊張感もあった。
これがとてもいい感じだった。

カオスと心地よいメロディーが同居した”Dead”を経て、”Debaser”で終了。
その後、ステージでフランクとキムがなんか揉めてんなーと思っていたら”Gigantic”をプレイ。

局の長さが短いことを考えても、曲数と内容を考えると、トータル90分ぐらいだとは思えない不思議なライヴだった。

セットリスト(やや不正確)
In Heaven
Wave Of Mutilation
Where Is My Mind?
Nimrod’s Son
Holiday Song
Blown Away
Vamos
La La Love You
Ed Is Dead
Here Comes Your Man
Winterlong
Bone Machine
I Bleed
Monkey Gone To Heaven
Isla De Encanta
River Euphrates
Cactus
Velouria
Subbacultcha
Caribou
Dead
Gouge Away
Tame
Hey
Debaser

—EN—
Gigantic

Pixies (05.12/06 Zepp Tokyo)

選曲はSurfer Rosa & Come on PilgrimとDoolittleからがメインだったのはうれしい。

2曲目の”Wave Of Mutilation”のアルバムとは違ったゆったりVersionは美しかった。
後で調べたらB面集に収録されているUK Surfだったようだ。
“Where Is My Mind?”は勿論、”Here Comes Your Man” “Bone Machine” ”Monkey Gone To Heaven”等の名曲のオンパレード。
“River Euphrates”まで演奏してくれたんだから言うことなしだ。

“La La Love You”の甘くて溶けそうなギターは最高だったし、逆に他の曲の轟音ギターも印象的だ。
Joey Santiagoは、実は凄いギタリストなのかも。
単音のメロディーはいいし、カオスティックなリフも個性的だ。

ピクシーズのアルバムは、音がゴージャスとは言えず典型的なインディサウンドだと思う。
長所でも短所でもあるわけだけど、個人的に不満をあげれば、薄っぺらで音が良く聞こえないとか迫力不足だとかベースの音が弱すぎるとか。
今回のライヴで期待していたのは、「迫力あるサウンド」だ。
これは期待通りで、フランシスのシャウトは強烈だったし、ベースもズンズンきたし、Joey Santiagoのギターも良く聞こえたので「この人今まで気づかなかったけど凄い人?」と思ったのだ。

ライヴでのピクシーズは、ドラムは影から支えて、後は3人でバトルといった感じで、それぞれが存在感と個性を強烈に発していた。
「主役はフランク」というのは俺の偏見だった。

雰囲気は、キムの笑顔に象徴されるようにやんわりした感じなんだけど、「生ぬるさ」を感じさせない緊張感もあった。
これがとてもいい感じだった。

カオスと心地よいメロディーが同居した”Dead”を経て、”Debaser”で終了。
その後、ステージでフランクとキムがなんか揉めてんなーと思っていたら”Gigantic”をプレイ。

局の長さが短いことを考えても、曲数と内容を考えると、トータル90分ぐらいだとは思えない不思議なライヴだった。
セットリスト(やや不正確)

1. In Heaven
2. Wave Of Mutilation
3. Where Is My Mind?
4. Nimrod’s Son
5. Holiday Song
6. Blown Away
7. Vamos
8. La La Love You
9. Ed Is Dead
10. Here Comes Your Man
11. Winterlong
12. Bone Machine
13. I Bleed
14. Monkey Gone To Heaven
15. Isla De Encanta
16. River Euphrates
17. Cactus
18. Velouria
19. Subbacultcha
20. Caribou
21. Dead
22. Gouge Away
23. Tame
24. Hey
25. Debaser
26. Gigantic(EN)

Jude (05.10/07 渋谷AX)

正直に言うと今回のライヴは行こうか行くまいか迷った。
エレクトリック・レインボーはメロディはいいしデキも悪くないんだけど、演奏も歌詞もかつてないほど「子供の世界」が前回で、生ぬるさを感じたのも事実。
でも、ライヴは行って良かったと思えるものだった。理由は単純、大半がElectric Rainbowからの選曲だったが、CDで聞くより力強い。

CD以上の演奏を聞かせることのできるバンドって現在どれくらいいるのだろうか?
これぞライヴの醍醐味だ。

“Rock Show”の冒頭では鍵盤を織り交ぜたのが美しかったし、Zhivagoからの”恋のサブマリン”と”Dick Dee”では陰鬱でドロドロな世界を見事に表現して見せた。

途中、シングルのみの曲などではあまり聞いたことがないため中弛してしまったが、Judeのライヴは安定して楽しめると確信した。
来年もまた新作がでてツアーもやるといいなあ。

1.毒りんご売り
02.BAD GIRL
03.愛のChupa Chups
04.ブラックレストラン
05.チェリーソーダ
06.冷麺
07.デドリデドラ
08.ミニカーで遊んだ思い出
09.Silvester & Johnny K
10.シャンプー
11.ROCK SHOW
12海水浴
13.何も思わない
14.恋のサブマリン
15.Silk
16.Dick Dee
17.ロシアビリー
18.カリブの海賊の宴会
19.DEVIL

アンコールその1

20.Brown Bunny
21.Black Hole

アンコールその2

22.本当の世界
23.Happy Days
24.Chiquitita Boots

Nine Inch Nails (05.08/13 千葉マリンスタジアム)

どれほどこのときを待ちわびただろうか。
前回来日時の閑古鳥を考えれば、二度と来日しないのでは?と思っていたので、再びNINを見ることができるのは感激モノだ。
単独公演ではなくSummer Sonic(サマーソニック・サマソニ)というフェスであろうとも。

Pinionが流れ始めた瞬間、人を掻き分けて前に進んだ。ギターの音が入ってきた瞬間、いよいよ始まるんだなぁと頭が真っ白に。

長らく続いていたPinion~Terrible Lie~Sinという流れはではなかった。
でも、Wishも大好きな曲。開始早々ハイテンションになる。

次はSin。廃盤シングル・ヴァージョンのダンサンブルなビートが流れた瞬間、頭真っ白で踊りまくった。アレンジが大分変わっていたなぁ。

March Of The Pigsを経てThe Line Begins To Blur。攻撃性はCDで聞く以上で素晴らしい。

Something I Can Never Haveで強く感じたことだけど、Trent Reznorってこんなに力強かったっけ?
外見だけではなく、パフォーマンスや歌声もね。

ここからは曲順はよく覚えていない。

Terrible Lieの音のよさには感動したし、隠れた名曲Burnをやってくれたのには感動モノ!
最初は何の曲かわからないほどアレンジが変わっていたけど、Burnだとわかった瞬間またまた頭が真っ白になった。
この曲だと思ったけど、トゥイギーがコーラスで使うマイクの音が出ないのにムカついてマイクスタンドをブン投げること2回。

イカルス・ラインにいたギタリストも凄かった。パフォーマンスも演奏もキレていた。破壊活動もしていた。
ロビン・フィンクが抜けた時は大丈夫かと心配したけど、それは杞憂だった。
ロビンの代わりに加入したギタリストがトレントの新たなターゲットになっているというわけではないし。

The Frail~The Wrechedの流れは美しかったしエモーショナル。
スロー・テンポのこの曲が物足りないと感じる人は、ハイ・テンポの曲で暴れることしか考えていない体育会系だとしかいえないだろう。
本当に美しかった。

ピアノ弾き語りのHurtも美しいと同時に力強い。本当にトレントってこんなにパワフルに歌ったっけ?

後半は、You Know What You Are?・Starfuckers Inc・Head Like A Holeという爆発。
Head Like A Holeが最後だと予想していたので、もっとやって欲しい曲があったのでこれでもう終わりと思うと悲しかったけど、弾けました。

全体を通して思ったのは、力強さだ。
インタビュー通り、シラフになったのは間違いない。

オーディエンスに手拍子を促したり、Starfuckers Incで見せた笑顔は今までのトレントには考えられないことだ。
だが、落ち着いたり生ぬるくなったわけではない。彼は闘い始めたのだ。

Downward Spiral時代の、Woodstock94やClosureで見ることができる自虐的なトレント・レズナー
The Fragile時代の、ライヴでLa MerやGreat Belowを映像と絡めて儚さを表現していたナイン・インチ・ネイルズはもういない。

ここに来て、自分の心の闇や世の中クソだ!という表現以外に、それと戦うということを表現しはじめたのではないだろうか?
闇を表現するということから一歩進んでそれと戦ってやろうじゃないかという力強さ!

間違いなくNINは進化して帰ってきた!

この人にはピークというものはないのだろうか?

絶えず進歩し続けている。ミュージシャンとしての理想形だ。
この人にはピークというものはないのだろうか?

もう一生ついて行くよ!!!

★セット・リスト(Set List)★

pinion
wish
sin
march of the pigs
the line begins to blur
something I can never have
the hand that feeds
terrible Lie
burn
closer
with teeth
the frail
the wretched
getting smaller
gave up
suck
hurt
you know what you are?
starfuckers inc
head like hole

Summer Sonic 05 (05.08/13 千葉マリンスタジアム 幕張メッセ)

The Subways

アルバムがナカナカよかったので見ることにしました。
演奏がはじまり少し棒立ちで聞いていたけど、「こいつらやるな」と思って最前線に突進。

演奏を聞いていて思ったのは、一人でも欠けたら成立しない真のトリオ・バンドだ。
特にドラマーが印象的で、Blankey Jet City時代の中村達也を思い出させられた。
達也ほどは目立たないけど、このエネルギーは3ピース編成ならではのもの。熱い!

若い3人のエネルギーがぶつかり合ったいいステージだったと思う。

メディアじゃベースの女の子の外見的な魅力が強調されていて、それ目当ての人もいただろうけど、それだけじゃない。
確かに実物は美人でミニスカートだけどさ。
男の俺も正直に言えばパンチらに期待したしさ・・・

こんなアイドル的なノリはクソだと思うけど、自分の多少なりとも魅かれたことに自己嫌悪。

The Subwaysで疲れたので、ビールを飲んだりして休憩しているウチに、途中からでもいいかな、アルバムはまあまあだったけどどうせハズレかもしれないし。
でも、途中から見てとっても後悔。

「ギルティーは罪な奴」 「白い薔薇が白い薔薇であるように」 「ダーティーな世界」の3曲しか見れなかったけど、凄いバンドかもしれないと思った。
一見パーティー・バンドのようだが、暗黒さを感じさせてくれた。このバンド、相当暗いよ。
MCもニヒルだ。

「ありがとう、盛り上がってなくてくれて」 「僕らはダーティーな世界に住んでいます、サマソニは明るくて楽しそうだけど」

聞けた3曲はエモーショナルで最高。単独公演に行ってみようかな。ドラマーが2人いたのには驚き。

TV On The Radio

アルバムを聞いたことがあるわけじゃないけど、オルタナ界隈で評判がいいので見てみることにしました。
Zazen Boysは惜しいけど国内バンドだし単独で見れる機会も多いし、この手のオルタナ・バンドは…Trail Of Deadのように来日しない可能性が高いのでこちらを選択。

主流から外れた奥が深そうな音楽だ。
ブルースやソウルにくわしくないけど、それらを連想させる黒人特有の歌が印象的。
でも、奥が深そうな音楽だけに、聞いたことのない者にとっては魅力が伝わりきらないかも。
周りの人が次々に去っていってしまった。
俺自身も、退屈ではなかったしこれぞオルタナ!と思ったけど、可も否もなくといった感じ。
アルバムを聞き込んでいたら違ったかもね。奥が深そうなのは間違いないけど。

ベースの人はずっと後ろ向いていたけどひょっとして照れ屋(笑)。

The Arcade Fire

期待通りで、予想外のステージを見せてくれた。

「切なさ」はリアルだった。特にNeighborhoodは鳥肌モノで感動した。

かといって、シリアスになりすぎるわけでもなかった。
8人編成ということもあって、曲によっては演奏する楽器がないからといってそこまでタムやシンバルを強く叩かなくてもいいだろう(笑)。完全にキレている。
ヘルメットを被った人の頭まで叩いているし。

エンターテインメントよりリアルな表現を好む俺としては、シリアスに走ってくれた方がよかったけど。

曲によって、メンバーが担当楽器を変えていたのも印象的だった。

M.I.A

途中から見たけど、期待はずれ。アルバムはまあまあだったけどライヴはただのエンターテインメント。
俺の前にいた人が広いスペースを使って自意識過剰な気持ち悪いダンスをしていたこともあって5分で退場する。
CDだけ聞いていればいいミュージシャン。

電気グルーヴ & スチャダラパー

NINのために体力温存したいし石野卓球はよく知らないこともあって、ステージ後方から座って聞く。

でもなかなかノリノリのビートを奏でていた。面白いミュージシャンかも。興味が湧いたよ。
地面に座っていた俺の前を通り過ぎる人が皆ビートに合わせて体を動かしながら通ったのが印象的。

Slipknot

好きなバンドだけど、もう4回目だし去年の公演と内容は変わらないだろうということで途中からスタンドから見ることにした。

相変わらず世の中クソだ的な表現とエンターテインメントを両立させたのは見事で感動したけど、去年と変わらない内容。なぜこの時期ライヴをやるのか不思議だ。

以前のようにシリアスに感じるのではなく、ギャグ的に見た。メイクは怖いし、仮面を被っているのでドラマーがあれだけ激しく叩いているのに顔色一つ変えないと感じさせるのは不気味だ(苦笑)。

仮面をとらないと喋れないとわかったのは面白かった。

それにしても、マリンのスタンドは音が悪い。

Bright Eyes (05.03/18 Liquidroom Ebisu)

ブライト・アイズのライヴに行ってきました。前座はマリアという女性シンガーで、弾き語り系。
なかなかの美人なのだが、残念ながら何も感じなかった。
ただ歌っているだけという印象で何も伝わってこない。それじゃリアリティを感じることはできない。

それに引き換え、ブライトアイズはリアルの一言だった。色男が台無しになるほど唾を飛ばしまくる熱唱。
最後のRoad To Joyのような爆発もとてもリアルだったのだが、LuaやFirst Day Of My Lifeのようにギターと歌のみでの表現力には感動した。

俺はラウドな音にリアリティを感じることが多い。ヘヴィで歪んだギター・ヴォーカルのシャウト・そういったものに魅かれることが多いのだが、今回は見事にこれらが無い曲でもやられた。
こんなことはいつ以来だろう?すぐに思い浮かべられるのはレディオヘッドぐらいかな。

セットリストを見直してみると、I’m Wide Awake, It’s Morningから全曲演奏している。
過去の曲をこれほどまで切り捨てるのはなかなかできることではない。
でもなあ、この選曲でも凄くよかったけど、過去の名曲も生で聞きたかったという思いもあるわけで…。
完全に満足させて貰うにはもう1時間演奏してもらわないとダメだ(苦笑)。

1. At The Bottom Of Everything
2. We Are Nowhere And It’s Now
3. Old Soul Song (For The New World Order)
4. Train Under Water
5. A Scale, A Mirror, And These Indifferent Clocks
6. I Must Belong Somewhere
7. Lua
8. Method Acting
9. Poison Oak
10. Bowl Of Oranges
11. Land Locked Blues
12. Another Travelin’ Song
13. The First Day Of My Life (encore)
14. True Blue (encore)
15. Road To Joy (encore)

Velvet Revolver (05.02/09 Zepp Tokyo)

男根ロックとか批判されるヴェルヴェット・リヴォルヴァーだが、アルバムはスリリングで素晴らしいリアルなロックだと思った。
それで、スリルを味わえるだろうと今回のライヴに行くことにした。
彼らはこの単独公演の前にソニマニ東京2日目でも見ることができた。
ソニマニ東京1日目+単独公演のチケ代は、ソニマニ2日通し券と殆んど変わらない。
だからほかのバンドを見ることができるソニマニ2日通し券を選んだ方がお得なのだが、敢えてそれをしなかったのは、狭い箱で見た方がよりスリルを味わえると思ったから。
それだけ、このバンドに期待していたわけだ。

しかし、その期待は見事に裏切られた。

スコットは思ったよりもエンターテイナーでパフォーマンスは”セックス”を連想させるものたった。
でも、充分”危険な男”だったが、決定的なのはり声がよく聞こえなかったこと。
これでは、CD以上のスリルを感じられるわけもない。

スラッシュのルーズなギターはとてもスリリングなのだが、ライヴでそう感じたのはガンズの曲だけ。
ミスターブラウンストーンではそのルーズさが不安定さを醸し出していてとてもスリリングだった。
しかし、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの曲では、CDで聞く以上にタイトでモダンな感じだった。
俺にとってスラッシュはルーズさが最大の魅力だったので残念だった。
トーキング・ワウを披露したのは感動したけど。

他のメンバーの休憩時間とはいえマット・ソーラム退屈なドラム・ソロが始まるのかと思っていたら、以外に早く終わった。
それにガンズの曲を叩いていた。
You Could Be Mineを叩き始めたら観客は湧いた。
ダフ・マッケイガンが大切な指輪をなくすというハプニングがあった。
ピックを投げたときに一緒に飛んで行ってしまったらしい。
日本人スタッフが指輪が見つからないとショーを続けることができない旨をオーディエンスに伝え、指輪捜索が始まる。
無事に指輪が見つかり、中断という事態は避けられた。

最後の最後にやったピストルズのカヴァー”Bodies”はとてもよかった。
激しい演奏で爆発的なエネルギー!これぞパンク!他の曲もこのテンションで演奏してくれればなぁ。

スリルを全く感じられなかったわけではない。
しかし、期待通りとは言えなかったし、普通のライヴより高い\8,000に見合うライヴではなかった。

Sucker Train Blues
Do It For The Kids
Headspace
Superhuman
Crackerman
Illegal i Song
Fall To Pieces
Dirty Little Thing
Big Machine
It’s So Easy
Sex Type Thing
Set Me Free
———-
Used To Love Her
You Got No Right
———-
Mr. Brownstone
Slither
Bodies

Sonic Mania 05 (05.02/05 幕張メッセ)

第一目標:Mars Volta
第二目標:Kasabian
第三目標:Kings Of Leonだったけどメンバーの負傷でドタキャン
第四目標:知らないバンドを見る
第五目標:Asian Kung-Fu Generationは生ぬるいのか?ライヴで確かめる
第六目標:最近のパンクと呼ばれるバンドのライヴを体験する

というわけでソニックマニア05に行ってきました。夜勤明けで殆んど寝ていない状態だったけど(苦笑)

Nine Black Alps

リストバンドを手に入れてから車に戻ってウトウトしていたらで見逃す・・・残念。
Dogs Die In Hot Cars

単調だった感もあるがなかなかよかった。キーボードがいるバンドに新鮮味を感じた。音楽性も独特でGood!

Straightener

ベースの機材トラブルは少し白けたし、音楽も超いい!ってわけじゃないけど、3人編成のバンドの醍醐味を味わえた。自分が主役だと言わんばかりの演奏。特にディストーション・ベースは印象に残った。歌詞は日本語か英語かよくわからなかった。

Steriogram

“どうでもいいバンド”の一言に尽きる。音楽性は少し前に流行ったミクスチャーみたいで聞いていて苦痛。このバンドのときに休憩すればよかった、時間の無駄だった。

Guitar Wolf

マーズ・ヴォルタを前で見たいのと疲れたこともあってモニターで半分寝ながら観戦することにした。よく聞いていたわけじゃないけど爆音で熱かった気がする。見ないで損した気分。

Mars Volta

今日のハイライト。ライヴの期待以上のものだった。2ndからの曲が全てを占めるのかと思っていたが1stからの曲も演奏した。1st時のライヴを見ていない俺としては嬉しかったが、2nd時の単独公演では全て2ndからの曲なのだろうか?

マーズヴォルタを見てて思ったのは、このバンドは現時点で最もオルタナティヴ(反主流的)でアーティスティックでパンク精神を体現しているバンドだということだ。
こんな音楽は彼等しかやっていないし、ポップでとっつきやすい音楽ではない。
1曲1曲も長いし演奏も観客を楽しませることを度外視したものだった。セドリックの動きは面白かったけど。

でも、退屈に感じないのは演奏からエモーショナルな何かを感じられるから。不安悲しみ哀愁と言えばいいのか、言葉が見つからないが”何か”があった。

Kasabian

ギタリストの歌声は弱かったけど、踊れるロックはライヴでも健在だったと思う。爆発的なエネルギーを感じられないが、その代わりにまったりとした浮遊感を味わうことができた。普通によいライヴだった。今後はライヴならではのグルーヴに期待したい。

Asian Kung-Fu Generation

君繋フェイブムは聞いてて生ぬるい。メロディはいいし歌詞も悪くない。何がダメだったかというとヴォーカルが弱いということ。
声が嫌いなわけじゃないけど”腹から声出せ!”とか”死ぬ気で叫べ!”とか言いたくなる。
それ故、感情が伝わってこないから生ぬるいと感じたのだ。

しかしライヴは凄いかもしれないので遠目から見ていたのだが、残念ながら価値観が変わることはなかった。会場の音が悪かったことを差し引いても、生ぬるさは拭えなかった。アジカンよ、もう少しガンバレ!

Good Charlotte

俺の嫌いなパーティー・パンクだろうし好きになれないのはわかっているけど、せっかくだから体験してみることにした。
そしたら、想像通りのライヴだった。彼らはエンターテイナーでロックをやっているのであって、アーティスト(芸術家)でもなければロックをやっているわけではないのだ。

音楽的に個性を感じられず、かといってリアルな感情表現があるわけでもなく、楽しければいいや的なノリだ。
目的はオーディエンスを楽しませることだけのようで、エンターテイナーとしてのパフォーマンスは優れている。オーディエンスも嬉しそうにそれに応える。
音楽は違えど、やっていることはLAメタル、マイケル・ジャクソン、モーニング娘と同じことだ。

マーズ・ヴォルタを見た後にグッド・シャーロットを見ているとアートとエンターテインメント性について考えざるを得ない。
ギターウルフが叫んでいた”ロックンロールを信じて”という歌詞がとてもリアルに思い出される。

これがパンクと呼ばれているこのご時世、”Rock Is Dead”なんだなぁ・・・。