toggle
Smashing Pumpkins

Smashing PumpkinsのMellon Collie And The Infinite Sadnessのオリジナルレコード

先日、ブログのレイアウトを少し変えました。
3カラムから2カラムに変更しました。

現在ブログのシステムそのものを取り替えようかと色々やっているところです。
2カラムの方が移行しやすいかもしれないと。

前回のSmashing PumpkinsのMellon Collie And The Infinite Sadnessのリマスターレコードは音が悪いですの続きで、メロンコリーそして終りのない悲しみのオリジナルレコードの音はどうだったのでしょうか?

続きを読む >

Smashing PumpkinsのMellon Collie And The Infinite Sadnessのリマスターレコードは音が悪いです

今日はSmashing PumpkinsのMellon Collie And The Infinite Sadnessのリマスターレコードについてです。
前々回のレコードの弱点は内周歪みという話が関わってきます。

去年にメランコリーのリマスター盤がリリースされましたけど、聞いた方も多いのでしょうか。
私はCDは聞いていませんが、レコードを買いました。
ただ、このレコードは内周歪みが酷いんで評判が悪いです。

続きを読む >

2012年の秋冬にリリースされる過去の名盤のボックスセットについて

前回チラリと書いた過去の名作のボックスセットについてです。
今年は特にリリースが目立つ気がします。
年末商戦の新たな主力となるのでしょうか。

サンケイビジネスアイ 「大人消費」で音楽CD復活 ミスチルなど人気作品続々、課題は若年層開拓

日本ではこんな風な分析もあるようですが、海外でも中高年に買ってもらえるものを積極的に展開しようとしているんですかね?

Velvet Underground & Nico、Sex Pistols、Rage Against The Machine、Massive Attack、Smashing Pumpkinsを取り上げます。

続きを読む >

リマスターについて思うこととSmashing PumpkinsのSiamese Dreamのリマスターの感想

最近は過去の名盤の豪華ボックスセット化が目立ちます。
昔からベストアルバムは年末商戦のためにリリースされているような印象がありましたが、過去の名盤のボックス化が新たな年末商戦の主力になるのかもしれません。

そのボックスの宣伝文句のひとつがリマスターなわけです。

いろいろ聞いたり調べたりしてきて、リマスターについて思うことを少し書きます。
以前思っていたこととは変わってきた部分もありますんで。

続きを読む >

ビリー・コーガンは迷走という言葉が良く似合う

コンニチハ、Smashing Pumpkinsのビリー・コーガンです。

Spaceboyは僕の弟について歌った曲です。
マスコミからマスコミに話が伝わっていく過程で話が捻じ曲げられ、僕の弟は障害者ということにされてしまいました。
この事件以降、インタビューで曲について解説することをやめました。

だからMellon Collieについても、果物のメロンと犬のコリーを組み合わせた造語としか言えません。
後は内緒です。

Smashing Pumpkinsのページの修正が終了しました。
次はPixiesのページの修正する予定です。

本当はサマソニ前にPixiesも終わらせる予定だったんですけど、ダラダラやってたら長引いてしまいました。

続きを読む >

Smashing Pumpkinsのライヴの感想(2010年8月10日 新木場スタジオコースト)

昨日はSmashing Pumpkinsの単独公演に行ってきました。
先週取ったチケットの整理番号が300番台だったんでガラガラなのでは?と思っていましたが、満員とはいえないまでも整理番号の逆からチケット売ったんじゃないのかと疑ってしまうぐらい客は入っていました。

前座のバンドの影響なのか、とある系統の若い女の子が多いという、経験したことの無い奇妙な空間で見てきましたw

8時過ぎぐらいに行ったんで前座は見ていません。

スマパンのライヴを見た感想は一言でいうと微妙でした・・・

続きを読む >

スマパンの話からインディの話になりIndie is Deadなのか?と疑問に思う

コンニチハ、コートニー・ラヴです。

カート・コバーンはとっても勇気がある人だと思います。
BleachにAbout a Girlというポップソングを収録したんですから。
ポップソングが嫌われがちだった当時のアンダーグラウンドでそんなことするなんて凄いです。

今日もアクセスログを眺めています。
アクセスログのことを書くと嫌われそうですがまあいいやw
予想外のことが起こったもんですから。

昨日から「Smashing Pumpkins Range Life」で検索してこのブログにやってくる人が急増しています。
Googleだとウチのブログが1件目に表示されるようで。

続きを読む >

Summer Sonic 2010とかSmashing Pumpkinsの単独とか

基本的に月曜日から木曜日は毎日ブログ更新を目指していますが、昨日は忙しくて無理でした。

暑い日々が続いておりますけど、今年は「フジロックが終わって次はいよいよサマソニだ!」とテンションが上がらないのが残念です。

続きを読む >

2010-07-20 | 90年代オルタナ

Smashing Pumpkinsに対する同業者からの悪口その4:ロックスター

コンニチハ、ロッキングオン2000年8月号です。

(最後の来日公演で)ビリーが先に出てきてハンドマイクで歌ってるとき、「イハが出るまで座ってよう」といって喋っていたキャミソールの女2人、お前らは死ね。

スマパンの単独が正式に発表されましたが、行くか行かないか未だに迷っている今日この頃です。
何だかんだで1回も見たことないんで、どうしようかなあ。
仕事の都合上、曜日が最悪なんですよ・・・

見たことがないだけに客層がイマイチ予想しづらいです。

冒頭のロッキングオンの記事には「死ね」と書いてありましたが、原稿を書いた方の名前は伏せておきましょうw
まあ何となく内容には納得してしまいました。

前々回の「ポップバンド」ということにも関係あることですが、音楽性とその他バンドイメージから推測して、そのようなファンが多そうだと推測してしまいます。
コテコテのオルタナファン以外にもアピールできるほどポップというか、かわいらしいというか。

イハは色男だったからなあ、アイドル視されることも多かったのでしょうか?
まあイハはもういませんけど、取り敢えず冒頭のようなキャーキャー叫びそうなミーハーファンは●ねということでw

前置きが長くなりましたが本題も長いです。
今日もみんな大好きで日常でも会話が弾む悪口です。
まずは私の嫌いな「緑の日」の発言です。

続きを読む >

Smashing Pumpkinsに対する同業者からの悪口その3:バカ丸出しのビデオ

コンニチハ、Nine Inch Nailsのトレント・レズナーです。

スマパンのThe end is the beginning is the endのビデオはバカ丸出しだと思います。

今日も引き続きみんな大好きな悪口です。
「悪口」よりも「批判」と言った方が適切だと思うんですが、「悪口」っていう言葉の方が刺激的で人目を引くから良いかなあw

今日はトレント・レズナーです。
昨日のレイジのザックと同じような質問に対する答えです。

続きを読む >

1 2