toggle
ローファイ

ローファイは死んだのか?

コンニチハ、Pavementのスティーヴン・マルクマスです。

いまのローファイ云々というものが胡散臭い部分が多いよ。
だって、笑っちゃうじゃないか、「俺たちの次のレコードは少しだけローファイにしようと思ってるんだ」なんていう奴だっているんだぜ。
だけどさ、聴けるようにするためには、少なくともミディアム・ファイでなきゃだめだよ。

俺たちは音をありのままにしておいて、その中に含まれるローファイな部分が好きなんだよ。
例えばアンプがブンブンうなっている音とかね。
まあとにかく、ビースティー・ボーイズのことを誰もローファイだなんていわないだろ。
彼らだって歪んだ音を使ってるのにね。

ローファイってのはなにもウォークマンで録音することじゃない。
確かにローファイの多くは貧困という独創性の母から生まれたところもあるけど、今そう呼ばれてる音の大半は驚くほどハイファイな手法で録音されてるときてる。

お金のないミュージシャンがいい音楽を創る上で前進していけるんなら構わないけどさ、いまやメジャーレーベルのバンドが採用しようと躍起になっている「90年代的サウンド」なんだから。
この歪んだ感じが、つまりいわゆる電気的な残響感が90年代の正体なのさ。(Pavement スティーブン・マルクマス / Wowee Zoweeの旧日本盤ライナーより)

今日はローファイの話題です。
まあ以前に書いた内容に似ています。
ブログはネタ切れ気味だからマンネリ化したベテランミュージシャンのように同じことの繰り返しw

続きを読む >

Pavementのライヴの感想(2010年4月7日 新木場Studio Coast)

コンニチハ、Pavementのスティーヴン・マルクマスです。
ペイヴメントの良いところは素人っぽいところだと思います。

昨日はPavementのライヴに行ってきました。

デラックスエディション化に合わせてリマスターされたとはいえ、こういうアルバムの音がショボいバンドの場合、ライヴではそれなりに力強い音で聞けるから、アルバムとは違った印象を受けるので、そういうところに期待して行きました。

続きを読む >

PavementのTerror Twilightは駄作なのか?

Twitterのブログ貼り付けが完了しました。
まだ使い方を完全には理解していません。
なんかサッカーに関するつぶやき専用にしてもいい気がしてきました。

まあ、「スタジオコーストなう。」とかは死んでもつぶやきません。
Twitter語に右へならえって感じでバカらしいと思ってしまいます。
逆に意地でも使いたくなくなります。

「いまスタジオコースト。」でいいじゃないかと、字数も同じですしね。
まあ言葉遊びみたいな感覚もあるのでしょうけど。

昨日はPavementのデラックスエディションを紹介しましたが、今日はPavementの仲間ハズレなアルバムについて。

続きを読む >

Vampire WeekendのContraを聞いてみて

今日はVampire Weekendの2ndアルバムContraの感想を書こうと思い立ったのですが、ローファイでヘタウマなインディポップについて書いた後なので、褒めづらいなあw

Contraを聞いてみて、まあやっぱりVampire Weekendがロウファイなインディポップの決定打でいいんじゃないっすかw

続きを読む >