toggle
レコード

レコードを水洗いしてみました。

*レコードの水洗いの方法について試行錯誤した結果、この記事で従来書いていた方法とは違うやり方で水洗いするようになったので、この記事は2017年10月24日に大幅に内容を書き換えました。

コンニチハ、Hyottokoです。
最近は新作をほとんど聞きません。
レッチリのように昔のバンドの新作もです。
まあ数回は聞きましたが。

そういうわけで、バンドやアルバム批評などをブログに書けません。
書くとしたらメディアやオーディオ機器の内容になってしまいます。
今日はレコードの洗浄についてです。 続きを読む >

レコードの弱点は内周歪み

前回の記事から随分と間が開いてしまいました。
今日はレコードの弱点のひとつである内周歪みについてです。

実は今まで紹介してきたレコードの中にも内周歪みが酷いものもあります。

続きを読む >

Nine Inch Nails / The Slipのレコードの音

コンニチハ、アップルです。

Mastered for iTunesの提供を開始しました。

アップル、「Mastered for iTunes」対応楽曲と制作ツールを提供開始

気になるのは「マスタリング段階からiTunesの音源専用に最適なチューニングを施せる点が特徴となる。」という一説。
iTunesの音源に最適なチューニングって何なんですかねえ?
まさかこれ以上音圧を上げるとでも?

前回の続きで、音質に最も影響が出るのはCDだのレコードだの圧縮音源とかメディアの問題ではなく、マスタリングやミキシングなどの制作側の意図だということ。

続きを読む >

CDよりもレコードの方が音が良い理由を考えてみる

コンニチハ、ニール・ヤングです。

デジタル音楽のパイオニアであるスティーブ・ジョブズは自宅ではアナログレコードを聞いていました。

ニール・ヤング、スティーヴ・ジョブスが生きていたらアナログ・サウンドの復活に取り組んでいたはずだと語る

前回と似たような始まり方ですが、このニールの発言に驚いた人が結構いたようですね。
特にアップル信者には多そうですね。

私はアップル製品とは無縁な生活を送っていますし、むしろ「アップル製品を持っているのがクール」というブランド戦略に嫌悪感を抱いているような人間なんで、大きな驚きはないです。

まあ皮肉な話だなあと笑ってしまいましたが。

続きを読む >