toggle
リマスター

Metallicaの2010年リマスター盤の研究と感想(3rdと4thのみ)

珍しく週末に自宅から更新です。
今週はサッカーの国際Aマッチデーだから、プレミアリーグの試合がなくて暇なんですよw

先日、And Justice For Allのベースの音はイコライザーを上げれば聞こえると書いてしまいましたが、良く聞いてみると私がベースの音だと思っていたのは、ギターをブリッジミュートで弾いたときに響く低音のような気がしてきました。

ベースについてはジャスティスばかり語られがちですが、意外にMaster Of Puppetsも良く聞こえるとは言いがたいです。
もちろんOrionのようにわかりやすいのは除いてですけど。

クリフはディストーションをかけているから、ズンズン響く低音ではないってことも要因のひとつだと思います。

MASTER OF PUPPETS [Live Mexico City DVD 2009] YouTube

このライヴ音源はベースの音がズンズン響いてきますけど、同曲をアルバムで聞くとディストーションのかかった低い音が後ろの方でかすかに聞こえる程度だったりw

本題に入りますが今日も音圧がらみの話です。
昨日Metallicaの2010年日本限定リマスター盤を購入したので聞き比べてみました。

続きを読む >

リマスター盤を波形で見て同じ音量で聞き比べる

Twitter内からリンクを貼られると人が押し寄せるなあと思う今日この頃です。

昨日は「アナログレコードが最強なんですよw」と書きましたが、こういう話は最終的には論理、科学ではなく、個人の感想、好みなどがモノをいうと思います。
正解はありません、自分で見つけて下さい。

音圧至上主義ですが、英語版Wikipediaにもあるじゃあないですか。

Loudness war Wikipedia

少ししか読んでいないんですが、アナログ時代にも音圧競争は存在したようですねえ。
Alice In Chains、Faith No More、Soundgardenといったバンド名が出てきますが、ちょうどこの頃からCDの音圧競争が本格化したのでしょうか?

面白いのはBeatlesのSomethingの音圧の変化のアニメーションGIF

リマスターされる度に音圧が上がっていったってことでしょう。

今日はリマスターと音圧について。

続きを読む >

リミックスとリマスター:And Justice For Allのベースの音とIn Uteroのリミックス

コンニチハ、Metallicaのラーズ・ウルリッヒです。

And Justice For All(メタル・ジャスティス)のときに選択してきたことは、あの時点ではそれがベストだと思っていたからです。
ですから、今の私(Reloadリリース時)がAnd Justice For Allについてどう思っていようがどうでもいいことだと思います。(ソース不明、うろ覚えだから私の記憶違いの可能性あり)

Metallicaの旧作のリマスター盤がリリースされると書きましたが、And Justice For Allのベースの音が聞こえるようになるんじゃないかと期待している人は多いんじゃないっすか?
amazonのレビューなんか読んでいると結構多いです。

ベーシストのジェイソン・ニューステッドがMetallicaを脱退した後、あれは意図的にベースの音を下げられたと発言したことで話題となったこともあります。

まあ再生機のイコライザーで低音を大きく強調すれば現在の盤でもベースの音は聞こえますけどね。
でもベースの音ではなくギターのミュート音の様な気がしますが。

私の予想では大幅に良く聞こえるようになることはないと思います。

続きを読む >

Black SabbathのParanoidのSHM仕様のSACDの感想

昨日書いたリマスターに関係する話です。
ですが全く人気のないSACDの話です。

先日、SHM-SACDの第二弾がリリースされました。

SACD ?SHM仕様? オフィシャルサイト

私はThe WhoのWho’s NextとBlack SabbathのParanoidを購入しました。
今日はBlack SabbathのParanoidを取り上げます。

続きを読む >

リマスターとは何か?(Metallicaの旧作がデジタルリマスター)

どうもMetallicaの旧作がデジタルリマスターされて再発されるようです。

Metallica 初期作が遂にリマスター!

2006年にはリマスター盤のリリースをボツにしている前科がありますが、今回は本当かなあ。
個人的には特にMaster Of Puppetsが気になりますが、アナログMFSL盤を購入したばかりなので微妙なところです。

そもそもリマスターってなんなんですかねえ?
以前にも書いたような気がしますけど、今日はそういう話です。

続きを読む >

Radioheadのアナログや隠しブックレット、工芸品としてのアナログレコード

コンニチハ、Radioheadのトム・ヨークです。

MP3とCDはサウンド的に比較にならない。
そこは重要なポイントさ。
でも、工芸品としてのCDってほんと、最初から救いようがないもんね。
僕とスタンリー・ダンウッドで必死になってCDボックスのパッケージングを考えたりするんだけど、いつも苦労する。
今回はレコードも出るぞって言われたりすると大喜びで。
レコードって、やっぱり目で見てかっこいいんだよ
CDの一番惜しい点はそこだけど・・・

やっぱり何かしら、工芸品って呼べるものじゃないとダメだと思うな。
どんなにMP3プレイヤーがかっこよくても、棚の前を行き来して一枚取り出して、ターンテーブルに載せるっていうのとは大違いだし。
だからレコードのセールスがまた伸びてきてるんだ。
みんなレコードをかけたいわけじゃなくて、ただレコードを持っていたいのさ。(クロスビート2008年3月号から引用)

アナログやらデジタルの話が続いておりますが、そもそも何でこんな話になったかっていうと、デジタル・リマスターからだったよなあ。

続きを読む >

AADとアナログ主義のアルビニとKid606のSongs About Fucking Steve Albini

コンニチハ、スティーヴ・アルビニです。

未来はアナログ支持者のもの。くたばれデジタル。

今日はとても長いです。
CDの裏ジャケットやCDの盤面でたまに見かける「AAD」という表記をご存知でしょうか?

続きを読む >

昔の作品から「当時の音」が失われる瞬間

コンニチハ、イギー・ポップです。

ミュージシャン仲間も、若いファンにもずっと言われ続けてきたことなんだ。
「ミックスし直すつもりはないのか?」ってね。

Raw Powerがアナログ盤からCDで再発された当時、音が酷くて苦情がとても多かった。
確かにレコードと比べて最悪だったよ。
自分でもあのサウンドを聞いたとき、低音が消えてるしパワーも伝わってこないじゃないか、と心の中でずっと納得できない部分があった。
CD化されて、欠けてしまったものの方が多いなんてね。

・・・

でも、後になっていじり直すことだけは本当はしたくなかった。
過去に遡って、自分がやってきた仕事を、まるで死体を墓場から掘り返して手を加えるようで、変えるのはおかしいと思ってたからね。
一度、完成させたものなんだろ?!
そしたら、ありのままの姿で存在すべきだっていうポリシーがある。

・・・

(ロリンズ・バンドのメンバーが、ソニーが管理していたマスターテープのコピーをたまたま発見してから)次に俺が知ったのはこうさ。「本人がいてもいなくても、ソニーはリリースするつもりだ」って(笑)。
ソニーも正式にオファーしてくれたし、その提案も面白そうだった。
「スタジオに来てもらって、あなたが気に入るようにどんどん指示して下さい」って調子で、これじゃ絶対に断れないと思ったよ。(The Stooges / Raw Powerのライナーから抜粋)

ちょっとコンニチハ以下が長くなりましたが、今日は昔の作品から「当時の音」が失われる瞬間を考えてみます。

続きを読む >

1 2 3