toggle
エピソードだけ好きなバンド

エピソードだけ好きなバンドその2 Marilyn Manson

俺はNINとTOOLは大好きなんですけど、マリリン・マンソンは嫌いという珍しがられる人間です。
トレント・レズナーと組んだAntichrist Superstarは良いと思うけど、Mechanical Animalsは聞けたもんじゃない。
スリルも感じないし、音楽的なアイデアが乏し過ぎると思った。
奥が浅くてすぐに飽きるポップソングって感じ。
Holy Woodも聞いたけど、面白くなかった。

ライヴアルバムのジャケロックスター願望が爆発したマリマンはトレントに「ヤツの原動力はカネと名声欲」と酷評されることになったわけです。
でも、マリマンのアンチ・キリスト思想は危険な香を感じました。
ステージで星条旗を燃やすのはまだしも、十字架燃やしてるんですから!

「あんたのお陰で娘がキリスト教を信じなくなったわ!どうしてくれんのよ!」

こう言われて詰め寄られるマリマンの映像を見たことがありますが、そりゃあ親も心配するよなあ。
真面目な仏教徒が皆無な日本でも、「仏なんか存在しねえ!」とライヴで仏像を燃やしたらヤバいでしょ。

Sex pistolsの映画”No Future”で、「私の娘が(ピストルズのライヴ会場に)いたら引きずり出すわ!」と怒っていた母親を思い出します。
でも、ロックは良識者が嫌う反体制なもの。

奇妙なファッションや風貌はどうでもいいんですが、反社会的なマリマンの行動は好きなんですけどねぇ。
2001年ぐらいだったかな、サマソニで見たけどパフォーマンスはインパクトあったなあ。
巨人になったり銃で十字架を作ったり。
今思うと大袈裟過ぎる気もしますが。

肝心の音楽は好きになれないんですけど(苦笑)。

エピソードだけ好きなバンドその1 Manic Street Preachers

マニックスの伝説は超有名ですけどね。
俺は勿論リアルタイムから微妙にずれた世代ですが、話を聞いたときはカッコいいと思う反面、馬鹿で無様な奴らだとも思いました。

伝説は面倒だから詳しく書きません。
詳しくはSecond Comingというサイトを参考にしてください。

「世界中で1位になる2枚組デビューアルバムを作って解散する!」と豪語したり、リッチーの4REAL事件とかは、そのクレイジーなところにエキサイトしましたねぇ。
本気なのを証明するために自分の腕を切り刻むなんて普通じゃないでしょう?

腕を切り刻んだリッチー1位になるっていうのは、良く考えてみるとRage Against The Machineと同じ理論なんだと思う。
世界を変えるには大勢の人に聞いて貰わないと意味がないんだと。
世界を変える!なんて青臭いと思う人もいるでしょうが、この反骨精神こそがロックだと思う。
最近じゃこんな野望を持ったバンドなんか皆無だしね。

ただねえ、アルバムは1位を取れなかったのはいいんですが、解散宣言を撤回したのはどうも・・・
2ndアルバムは嫌いじゃないけど、荒々しさより洗練された感じが目立つ。
3rdは聞いたことがないけど、リッチー失踪後の4thは数回聞いた。
でも、毒の抜けたヒットソングって感じで・・・。

その後、Know Your Enemyというアルバムで初期の反逆精神に回帰しようとしたとの発言が記憶にある。
西側諸国のバンドとして初めてキューバでライヴを行うなどパンク精神は好きですが、Know Your Enemyはロクに聞いていません(苦笑)。

まあ、俺の中では1stと初期の行動がマニックスの全てかなあ。

エピソードは好きだけど曲は嫌い

前にも書いた記憶があるけど、俺にとって「ロックはプロレス」。
WEBか雑誌で甲本ヒロトの言葉だと書いてあった気がするけど、俺の勘違いで正確ではないかもしれません。

プロレスというより、今だと亀田のボクシングって言った方がわかりやすいか。
亀田のボクシングは、リングでの戦いだけが魅力ではないということです。
試合前の挑発合戦や生意気な発言と態度など、リング外の要素も面白さの内。
俺は嫌いだけどさ。

ピストルズがGod Save The Queenをリリースしたら、ジョニーロットンはロンドンの街中で暴漢に足をナイフで刺されたとかね。
Nirvanaのオルタナ革命とか、Rage Against The Machineの闘争とか。
浅井健一が嫌いなジャーナリストを殴ったとか。
個人的には好きじゃないけどドラッグ死とか、若くして死んだとか逮捕歴とか。

つまり、ロッカーの魅力はアルバムの曲を聞いたときの感動だけでなく、音楽そのものとはあまり関係のないエピソードや時代背景、作品の与えた影響なども含めたものだということです。
勿論これは人それぞれだから正しいというわけではありません。

曲もよくてエピソードもカッコいいバンドなら最高ですが、中には曲は嫌いだけどエピソードだけ好きだというバンドも存在する。
ロック・ミュージシャンとして好きなのか?と聞かれると非常に困ります(苦笑)。

微妙に自己矛盾を感じますけど、そういうバンドについて思うところを書いていこうと思います。
記念すべき第一弾はサマソニで見たマニックス。
でも、長くなったのでまた次回。