toggle
日常の戯言

サッカー界の陰謀論

コンニチハ、チェルシーのドログバです。
「チャンピオンズリーグではバルセロナにアウェーゴールを決められて敗退してしまいました。
ですが、こんな試合は詐欺です。
我々はPKを2回も見逃されてしまいました。
プレミアリーグに所属するチーム同士の決勝を阻止したいUEFAの陰謀です。
試合終了後、キレて審判に詰め寄り、テレビカメラに向かって4文字言葉で審判を非難してしまいました。」

俺がヨーロッパ人だったら間違いなくフーリガンになっていたと思う今日この頃です。
サッカーの熱狂力はロックに似ています。
ダメ人間のウップン晴らしw

先日、陰謀論が面白い:世界を支配しているのはロスチャイルド?というのを書きましたが、サッカー界にも陰謀説が存在するようですw

続きを読む >

2009-05-02 | 日常の戯言

定額給付金をどうしようか悩む

コンバンハ、Hyottokoです。
「取引先の数社が倒産してしまいました。
今月から仕事が少し減ったので減給、今年度のボーナスの支給が怪しくなってきました。」

今日も音楽以外の話がメインです。
遂に定額給付金の申請書が送られてきたんですが・・・

景気対策になるのか微妙な定額給付金なわけですが、受け取るか否か、受け取ったとしてもその使い道に迷っております。

続きを読む >

2009-04-30 | 日常の戯言

陰謀論が面白い:世界を支配しているのはロスチャイルド?

コンニチハ、民○党の小沢○郎です。
僕の秘書が逮捕されたのはアメリカの陰謀です。
アメリカは僕の「第七○隊だけあればいい」という発言が気に入らなかったようです。
もちろん証拠はありませんので陰謀説どまりです。

今日は音楽の話題じゃありません。

Wikiの陰謀論
Wikiの内容が正しいのかは分かりませんが、「世の中の出来事の裏には黒幕がいる」という考え方でしょうか。
最近、俺の中ではこれが面白いです。

続きを読む >

2009-04-24 | 日常の戯言

Bottled Violence (酔っ払いの暴力)は勘弁して欲しい

コンニチハ、Mudhoneyのマーク・アームです。
「日本人には、金曜日の夜に同僚と酒を飲みに行って路上でゲロを吐く習慣があるとは驚きました。
アメリカでそんなことをしたら即刻オマワリがやってきてブタ箱行きです。
日本は寛大なんですね。」

世間は某酔っ払いの起こした事件ばかりが報道される今日この頃です。
犯した罪を考えると殺人犯より大きく報道されているわけですから、芸能人は大変ですね。
マスコミにRapeされてしまうというその点だけは同情します。

俺の知人も何年も前にマスコミに大きく取り上げられた事件を起こした者がいましたが、事情を知るものとしてはマスコミは大衆ウケするように面白おかしく報道することばかり考えているのが良く理解できました。
まあ全部が全部じゃなかったですけどね。
中には深く真実を探ろうとしていたマスコミもありました。

まあタチの悪い酔っ払いは大嫌いです。
絡まれたりするのは最悪です。

続きを読む >

2009-02-18 | 日常の戯言

みんな持ってるルイ・ヴィトン(高級ブランド志向、仲間ハズレを回避)

コンニチハ、少年ナイフです。
猫も杓子もみんな持ってる
街を歩けばルイ・ヴィトン
Rich People Poor People
本物ニセ物ルイ・ヴィトン
ショルダーバッグ、ボストンバッグ、スーツケース、お財布、巾着袋

少し前に海外在住の方と会話する機会があったのですが、日本人はどうも高級ブランド品を見せびらかすように身につける民族だと思われているところがあるらしい。

Radioheadで言うところの「野心丸出しの醜いグッチだらけのクソババア」ってところでしょうかw

続きを読む >

2008-06-05 | 日常の戯言

親から孫の顔を見せろ!とプレッシャーをかけられる

コンニチハ、○○です、と始めたい所ですが先日ロッキングオンの渋松対談を読んだら、この始め方は飽きたからやめようぜ!みたいなことが書いてありました。
本家がやめちゃあお終いだよw
渋松対談は来月には多分元に戻ると思いますが。

今日は音楽の話じゃないです。
独身男のくだらない戯言です。

続きを読む >

読売新聞の”食ショック”の感想

昔のサイトを復活させました。
まだBlack Flag復活の途中で作りかけも良いところですけど。
今度は原文も載せることにしました。
ボロが出るからあまりやりたくなかったんですけど(苦笑)、その方が便利でしょう。

本題ですが、何週間か前に読売新聞で”食ショック”という連載があった。
俺も詳しい内容は忘れつつあるんですけど(苦笑)。

簡単に言うと食料自給率の低い日本は、今まではカネにモノを言わせて輸入してきたけど、今後そうはいかないって内容。

続きを読む >

Minor Threatの”In My Eyes”で人生を考える

連休に見たRage Against The MachineとArcade Fireの余韻が残りまくりの今日この頃です。

突然ですが、知っている人はもう殆どいないとは思いますけど、以前やってたサイトを復活させようと思います。
でも、他のサイトに載っているNirvana全部とToolのAenimaとLateralusは復活しません。
その他も復活させるか未定。
取り敢えず第一弾はArcade FireのNeon Bibleです。
今度は目立たぬように細々やっていこうかな(苦笑)。

前置きが長くなりましたけど、久しぶりにRenegadesを聞いていたらMinor ThreatのIn My Eyesという曲で色々と考えさせられてしまいました。

続きを読む >

密室ビジネスの恐怖

そろそろ車検の時期です。
今回はついでにバッテリーと冷却水を代えるから11万円ぐらい。
だから金欠です。

俺の愛車は10年前のです。
中古で買ってから3年ぐらいかな、40,000Kmぐらい走って、走行距離は87,000Kmに達している。
タイミングベルトはこの前交換したけど、そろそろクラッチが滑りそうな予感・・・

またもや前置きが長くなりましたが、自動車ビジネスって密室で行われているから怖い。
例えばエンジンオイル交換とか、自分の目の前で作業してくれるわけじゃない、まあ店によっては見れますが。
悪いことなんてやりたい放題な環境なんですよね。

ガソリンスタンドでバイトしていた人によると、次のようなことがそのスタンドで実行されていたらしい。

1.値段の高い良いオイルを客が選択

2.なのに内緒で安いオイルを入れる

3.従業員が自分の車にその良いオイルを入れる

4.従業員が安いオイルの金額を払う

こうすれば従業員が安い値段で高級オイルをゲットできるわけ。
会計や在庫がおかしくなることもない。
もっと言えば、オイル交換が本当にされたのかなんて素人に分るわけがない。
特にエンジン以外のオイルはねぇ。

そもそも、自動車ビジネスって客の知識の無さにつけ込んでくるから嫌だ。
有人スタンドに行くとエンジン添加剤とか勧めてくるし。
あれを交換した方が良いとか。
エンジンオイル交換が3000kmで勧めるっていうのもどうかと思う。

密室ビジネスって自動車だけじゃないですよね。
飲食業も怖い。
飲食店でバイトしていた知人は、ムカつく客が注文した料理に酷いことしてたからなあw

こういうのを防ぐのって、やっぱりDo It Yourselfなんでしょう。
エンジンオイルぐらい自分で交換しないとダメかなw
外食一切無しっていうのは不可能。

従業員の倫理観を信じるのは、今の御時世では難しい。

まあ、客だからといってロックスターのようにエラそうな態度は取らないことですかね。
エディ・ヴェダーが言うように”誰にでも尊敬の念を持って接すること”かな。
よろしくお願いします!ぐらい謙虚な姿勢でね。

世の中はウソだらけでクソだってことで。

サイト更新状況など

社交辞令的な誘いに疲れている今日この頃です。
世の中の人は、「行く気もないのに誘う」ってことをするからなあ。
今度呑みに行こうとか遊ぼうとか。
明らかに社交辞令だと判断できる誘いもありますが、本気なのか社交辞令なのか判断するのが難しい誘いが一番疲れます。

先週末はサイトの更新を頑張りました。
まあ、7 Year Bitchに興味を持つ人なんて少ないと思いますけど(苦笑)。
ここまで来るとマニアック。
延べ45曲ぐらい聞いただけで、last.fmのウイークリートップリスナーにランクインできるぐらいですから。
ちなみにlast.fmの7 Year Bitchのコーナーでは無料でMP3をDLできます。

正直言って積極的に聞こうと思えるバンドではない。
ノイジーなガールズバンドだったらL7という圧倒的なのが存在するんでねぇ。
まあ悪くはないんだけど、結局シアトルってB級バンドが多いと言われるのには納得。
メジャーがシアトルバンドを青田買い、そしてマスコミが勝手に騒いだだけとの印象です。

次はどのシアトルバンドにしようかなあ。
知名度からすればCandleboxでしょうが、フォロワーとして叩かれていたからなあ(苦笑)
俺はもう何年も聞いていないので忘れてしまいましたが。
あとはシアトルじゃないけどSUB POPに所属していたSebadoh。

シアトル以外だったらガールズバンド繋がりでBabes In Toylandかな。
あとはMercury Revか80年代インディバンドのどれかか。

まあゆっくりやります。

1 2 3 5