toggle
90年代オルタナ

GRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイトを更新しようとは思っています

約4年間も放置状態のGRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイトなんですが、先日Googleからメールが来たのを機に何とかしようかなあと思い始めました。

メールの内容は「あなたのサイトはスマホだと見にくいんで何とかしませんか?」とかそんな内容です。
それはこのブログにも言えることなんですが。

確かにサイトもブログもスマホだと見づらいです。
どーもすいません。
続きを読む >

レコード氷河期に「レコード万歳」と主張していたPearl JamのVitalogy

もう2014年ともなれば90年代ネタでブログを書くのもネタ切れで難しいんですけどね。
約一か月前にこんなニュースが流れました。

ジャック・ホワイト、ソロ新作『ラザレット』が1994年以来最も売れたアナログ盤に認定

Lazarettoは本当に良いアルバムだと思います。
Jack Whiteはソロになってから再び黄金期に突入している感があります。

ただ、このニュースでPearl JamのVitalogyの記録が破られたっていうのは残念な気分になりました。
ラザレットのアナログは初週で4万枚売れ、売り上げの累積が6万枚を超えたとのこと。

初週売り上げ枚数と累積売り上げ枚数のどちらもVitalogyの記録を塗り替えたそうです。
まあ時代背景が違うからこういう記録は無意味な気がしますけどね。
続きを読む >

2014-09-05 | 90年代オルタナ

Nirvanaのロックの殿堂入りの演奏パフォーマンスについて

コンニチハ、SUB POPのフォトグラファーだったチャールズ・ピーターソンです。

ニルヴァーナの最大の功績はアンダーグラウンドの世界に光を当てた事だ。(クラシック・アルバムズ : ネヴァーマインドから引用)

4年前に書いたNirvanaのNevermindの過大評価論と全く同じ始まり方ですが、年々この過大評価論が強くなっていると思う今日この頃です。

私が若いころにはこうなるとは思いもよらなかったですけどね。
グランジという音楽用語と自殺に関するストーリーが毛嫌いされんじゃないかと思っています。
まあ世間一般的に名盤とされているのには必ず過大評価論が付きまといますし、私もそう思うアルバムはたくさんあります。

今日は前から書こうと思っていたNirvanaのロックの殿堂入りの演奏パフォーマンスについて。
5か月前の話なんでかなり今更ですけどね。
続きを読む >

Soundgarden / Superunknownのリマスターの感想

今日はSoundgardenのSuperunknownのリマスター盤の感想です。
私はスーパーデラックス盤とレコード盤を購入しました。
発売日から約半月遅れでようやく聞くことができました。

詳細はSuperunknown20(オフィシャルサイト)でどうぞ。

最近は反音圧主義なマスタリングが目立つようになってきましたが、Superunknownはどうでしょうか?
続きを読む >

Pixies / Indie Cindyの感想

コンニチハ、Pixiesのブラック・フランシスです。

最近の人々はオンライン上の自分の物語、自分自身のプロファイルを消費しているんだ。
他でもない、そこに精を出しているわけ。
「俺のあれ見てくれた?」「いやまだだ。自分のことで忙しいから」っていう感じでさ。(ロッキングオン2014年6月号から引用)

各種SNSでフレンド登録したり、Twitterで相互フォローしたところで結局のところこうなることが多いなあと思う今日この頃です。
私はリアル知人にはブログも何もかも一切内緒でやっているんでよかったなあと思います。

まあ更新が滞り気味だとはいえ、このブログがいまだに続いているのは自己満足だけでなく見に来てくれる人がいるからだと思うんで、そういう方には感謝したします。

ロッキングオン2014年6月号のインタビューは2ページで、みんなが気になるキムの脱退についても少しだけ語っているので、興味のある人は買って読んでください。

少し前にリリースされたPixiesのニューアルバムIndie Cindyについてです。
皆さんはどうお感じになったでしょうか。
続きを読む >

Soundgarden / SuperunknownのSuperunknown 20th Anniversary Editionがリリースされます

今回もSoundgardenネタです。

前回はNINとツアーをするのが驚きと書きましたが、ツアー日程をよく見ると、今年もSoundgardenのフジロックもサマソニも残念ながら100%ないなあと。
もっと言えばマット・キャメロンの予定が埋まったということなんでPearl Jamも来ません。

近年は90年代の傑作がリリース20周年をむかえ、それに連動して色々と再発されるようになっています。
今年は1994年から20年目ということで、SoundgardenのSuperunknownの20周年記念盤がリリースされるとのことです。
続きを読む >

Soundgarden / Screaming Life / Foppのリマスター

NINとSoundgardenが夏に一緒にツアーをするとのことです。

ナイン・インチ・ネイルズとサウンドガーデン、ジョイント・ツアーが正式決定

両者の20年前の全米チャートについての確執は真実かどうかは知りませんが、数年前にクリス・コーネルのソロアルバムについてトレント・レズナーがTwitter上で非難したことがあったんで、このツアーは意外な感じがしました。

今日は、去年にひっそり?とリリースされたScreaming Life / Foppのリマスター盤などについてです。
続きを読む >

Nirvana / In Utero 20th Anniversary Editionの音質

コンニチハ、クリス・ノヴォゼリックです。

(カートがIn Uteroの2013年ミックスを気に入ると思うかという問いに対して)

それは分からないなあ。それは分からない・・・
でも俺は気に入ってるよ。(ロッキングオン2013年11月号より)

Twitterに書いたNINのライヴですが、結局熱が上がったんで行きませんでした、最悪。

今日は去年から書こうと思って先延ばしにしてきたIn Uteroの2013年リマスターとリミックスの音質についてです。
続きを読む >

NINのHesitation MarksのAudiophile Masteredとアルバムを聞いた感想

先日、Nine Inch Nailsの新作Hesitation Marksがリリースされました。

私はオフィシャルサイトのnin.comでアナログレコードを予約していたんで、オフィシャルサイトでアルバムのデジタルデータをダウンロードできる権利がありました。

それでオフィシャルサイトに行ったんですが、アルバムは2つのヴァージョンに分かれていました。
通常ヴァージョンとAudiophile Masteredというヴァージョンです。

audiophileというのはオーディオマニアとかそういう意味です。

どうやらnin.comでHesitation Marksを購入しないとAudiophile Masteredはダウンロードできないようです。

今日はこのアルバムの音質とアルバムそのものの感想です。
続きを読む >

Queens Of The Stone Ageの…Like Clockworkがお気に入り、そのレコードについて

今年は年寄りバンド、90年代組の活躍が目立つなあと思う今日この頃です。
最近、Queens Of The Stone Ageの…Like Clockworkを聞く回数が多いです。

Era VulgarisとThem Crooked Vulturesはそこそこ良かったものの、Songs for the Deafの商業的成功以降は迷走気味だという印象を受けていたんですが、ここにきて傑作を作ってくれたと思います。
続きを読む >

1 2 3 23