toggle
2010-07-06

新たなカートリッジ候補をDL-103に絞る

今日は音質の話よりも更に人気のないアナログレコード関連の話題です。

先日ボーナスが支給されました。
元々の額が平均額より大幅に少ないのに、更に減額されてしまいましたが、まあ貰えるだけラッキーです。

ボーナスが支給されたらBeatlesのリマスターボックスかアナログレコードのカートリッジを買おうと思っていましたが、どちらにしようか迷っております。
まあ両方でも良いんですけど、老後のために貯金しないとw

今回はカートリッジについて書きます。


調べればすぐわかるんですが、カートリッジとは下の写真の赤いヤツです。

DL-110その1

まあレコード針が付いている物体です。
私は現在、DenonのDL-110というのを使用しています。

カートリッジはヘッドシェルというのにネジで取り付けられていて、これはレコードプレーヤーのアームから外すことができます。
下の写真では、DENONと書かれている黒いヤツです。

DL-110その2

ヘッドシェルもオーディオテクニカのを買おうと思ってたんだっけ。

裏返しにした写真です。
さすがにリード線にこだわるのはまだ先かなあ。

DL-110その3

カートリッジやヘッドシェルを変えると音が大幅に変わります。
アナログレコードの楽しみ方の一つです。
更にはネジなどでも音が変わるようですが。

「このカートリッジは高音がキンキンする。」とか、「このカートリッジは音が丸っこい。」ですとか、各カートリッジの特徴を堪能したり、自分の好きなカートリッジを発見するのを楽しんだり。

私はまだまだ初心者で、マトモなカートリッジはDL-110しか持っていないんで、1年に最低1つはカートリッジを買ってコレクションしていこうと思います。

次は何を買うかは難しい問題です。
試聴なんてできませんから、ネット上にある他人の感想を参考にするしかないです。
でもプレーヤーとの相性などもありますから、結局のところギャンブル的に買って聞いて当たりハズレを判断するしかないです。

カートリッジは高額ですから、当然ハズレは引きたくありませんw
だからどれを買うかは難しい問題なのですが、まあ最もスタンダードだと言われているDenonのDL-103にしようかなあと。

でも写真を見ると針の保護カバーがないんですよね。
ヘッドシェルに取り付けるときに誤って落としたら針先が即死するんじゃ・・・
これは慎重に作業しないと。

まあアナログレコード愛好家なら誰しも通る道だと思うんで、乗り越えてみます。

まだDL-103を買うかどうかはわからないんですけどね。

関連記事
コメントについて
コメントは管理人の承認制なので直ちに表示されません。名前は固定ハンドルネームでお願いします。名無しなどの明らかな捨てハンドルネームや名前をコメントごとに変える行為は禁止です。守っていただけない場合は相応の処置をします。どのサイトも同じだと思いますがサーバにアクセルログは保管されていますのでご承知おきください。

名前以外は必須ではありません。メールアドレスは記入したとしても公開はされません。