toggle
2006-08-03

くたばれ!拝金主義的ブランド志向&高級車

俺の車の中にはサングラスがあるんだけど、たまにいくらだった?どこのブランドなの?とか聞かれることがありました。
100円ショップで買ったサングラスなんですけどね。
それをいうとみんな少し驚く。

人々の中に存在するブランド志向とか「高いものは良いもの」という価値観を垣間見る瞬間だった。
結局ファッションなんてこんなもんだろうなあ。

世間では、ホリエモンや村上ファンドの拝金主義を叩いておきながら、高級ブランド品を見せびらかせるように身に付ける人種を叩くことはない。
自分の金持ち度をアピールしたいという心理も胸糞悪い拝金主義だ。

最もわかりやすいのが車。
トヨタがレクサスを出したとき、上司はレクサスよりベンツの方がいいという。
「ベンツの方が金持ちに見えるじゃん。」

車の性能など二の次だ。

VIPカーにハマっている人の気も知れない。
型落ちセドリックでVIPに見せようと頑張っているのを見ると、こいつ馬鹿だというのを通り越して気の毒になってくる。

貧乏人が頑張って自分を金持ちに見せようとしている。
金持ち=勝ち組なんでしょう。
挙句の果てに運転まで偉そうにしやがって!

こういう金持ち至上主義って昔からあったけど、これからどんどん強くなるんだろうなあ。
そういう気持ちもわかるけど、あからさまに見せびらかしているのはお下品。

金持ちからすれば貧乏人の僻みって馬鹿にするだろうけど、俺はロックに生きてやる!

関連記事

コメント2件