toggle
2006-06-12

今日までのワールドカップの感想

ドイツ VS コスタリカ
ドイツが負けたら面白くなると思っていたので残念(苦笑)。
遠距離砲2発は凄かったですね。
ただ、解説の井原が言うようにドイツのディフェンスはやばい。
このままだと上位進出はない。
コスタリカには、ワンチョペの決定力に感動した。日本のFWもあれぐらいやってくれればね・・・。

ポーランド VS エクアドル
予想外にもエクアドルが勝ってしまった。
全体的にはポーランドが優勢だった気がするが、チャンスをモノにしたのが勝因かな。
ポーランドは終盤のバーとポストに直撃したシュートが悔やまれる。
日本もこうならなければいいけど。

トリニダード・トバコ VS スウェーデン
今回のスウェーデンは攻撃にいい選手がそろっているからいい線行くと思っていたんだけど、緒戦で躓いてしまった。
ヨーク以外無名選手しかいないトリニダードから勝ち点3をゲットできなかったのは痛い。
この試合もチャンスをモノにできるかできないかが天国と地獄の分かれ目だった。

アルゼンチン VS コートジボワール
リケルメは評判どおり王様だった。全く守備はしないし運動量も少なくボールも持ちすぎ。
バルセロナで成功しなかった理由がわかった気がする。
でも、ボールを奪われることは少ないしスルーパスは流石。

ソリンは前回大会でのガッツ溢れるプレーに感動したけど、今回もそのガッツは健在で嬉しかった。
決定機はコートジボワールの方が多かったように思う。
これまた決定機をモノにできるかが勝敗を分けた。
ドログバは凄かったし、アルゼンチン相手にそこまでできるんだからコートジボワールは今後の展開次第で上位進出も夢じゃないと思う。

まだ4試合しか見ていないけど、目立ったのは決定力というキーワード。
特にコートジボワールは決定力さえあればアルゼンチンに勝ってもおかしくはなかった。

日本が明らかに劣る決定力。
今夜、シュートを外しまくらなければいいけど・・・。

関連記事

コメント2件