Mad Season(マッド・シーズン)

Pocket

Mad Season(マッド・シーズン)のアルバム紹介

Mad Season(マッド・シーズン)の概要

Alice In Chainsのレインステイリー(Vo)、Pearl Jamのマイク・マクレディ(G)、Screaming Treesのバレット・マーティン(Dr)、後にWalkaboutsに加入するジョン・ベイカー・ソーンダース(B)によるプロジェクト。
メンツは全員シアトル・バンドに関係している人物だ。

Mad Season 14曲(You Tube)

プロジェクトのきっかけはマイク。
カート・コバーンの自殺を機に、エディ・ヴェダーがマイクにアルコール中毒を治すように諭し、マイクはリハビリを受けるようになった。
そのリハビリ先でジョンと意気投合し、以前から一緒に何かやろうと話していたレインに声をかけ、バレットを誘い、94年末にプロジェクトはスタート。

この時期はレインもドラッグにのめり込んでいた時期のようで、Alice In Chainsは94年のウッドストック出演をキャンセルしていた。

マッド・シーズンとは、ロンドン南部のサリーに生える幻覚誘発性を持ったキノコが生える時期の通称らしい。

レコーディングを短期間で終え、アルバムを95年にリリース。
音楽性は、Pearl JamでもなくAlice In Chainsでもない。
歪み音は少なく、ブルージーな雰囲気も感じさせる王道ロックといったところか。
レインの歌詞はAlice In Chainのように暗黒的だが、歌はリラックスしている印象を受ける。

Alice In Chainのページに書いたようにレインは2002年に死亡、このプロジェクト後にWalkaboutsに加入したジョンもまた99年にヘロイン中毒で他界している。

関連リンク


Mad Season(マッド・シーズン)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Above(生還)

95年リリース。
音楽性は上に書いた通りで、レインがリラックスしているのが印象的。

Alice In ChainsのJar Of Filesが好きな人にはオススメしたい。
ただし、レインのヴォーカル以外はAlice In Chainsとは全く異なる音楽なので、アリス的な音楽を期待しないように。

Above(生還)の日本盤

Above – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル・SUB POP周辺のバンド06へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket