亜矢

Pocket

亜矢のアルバム紹介

亜矢の概要

Nirvanaなどに影響を受け、米軍基地や渋谷の路上で歌う傍ら曲作りをしていたようだが、デモテープがアダム・キャスパー(Nirvana、Soundgarden、Pearl Jam、Mudhoney、REMなどのプロデュースやエンジニアで知られる人物)に気に入られる。
それがきっかけで2000年頃からシアトルでレコーディングするに至った。

レコーディングには元Nirvanaのクリス・ノヴォゼリック、元Soundgardenのキム・セイルとマット・キャメロン、ジョン・マクベインらが参加。
そのため2002年のデビューアルバムが世界で話題になり、2004年の2ndアルバムは全世界でリリースされることとなった。

音楽性は、NirvanaやSoundgardenのメンバーが参加しただけあって、この手の音楽からの影響を感じさせるもの。
しかし、ジワジワくるヘヴィネスというよりはアップテンポの曲が印象的だ。
そのような部分や亜矢のダークネスに個性やリアリティを感じられるかどうかが評価の分かれ目かもしれない。

関連リンク


亜矢のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

戦場の華

2002年のデビューアルバム。
にシアトルの大御所が参加している。
まずはこれを聞いて欲しい。

上述したようにアップテンポな曲が印象的。
個人的にはリアルで痛々しいと思う。


BAGHDAD SKY

2002年作。

1stが気に入ったら聞いてみるといいでしょう。
ですが私は聞いたことがないのでノーコメント。


ページの先頭へ戻る

日本のグランジ?01へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket