ART-SCHOOL (アート・スクール)

Pocket

ART-SCHOOL (アート・スクール)のアルバム紹介

ART-SCHOOL (アート・スクール)の概要

2000年にインディからデビューし、2002年にはメジャーデビューを飾っている。

中心人物の木下理樹は90年代オルタナティヴを好む。
特にNirvanaに対する思いは強いようで、Nirvanaに救われたと語っている

音楽性は当然のことながらUSオルタナの影響が強く出ている。
自己否定的な歌詞、轟音ギター、単純な曲展開など彼のルーツを思わせるものが多い。
インディ時代にはDrain Youのリフを拝借している曲もある。

それゆえ、このバンドに関しては賛否両論に別れることが多い。
リアリティを感じられるか、個性不足と解釈するかだ。

メンバーが大幅に入れ替わった2005年のアルバムでは音楽性が広がった感があるが、それでも個性不足との批判がある。

取り敢えずは一度聞いて判断するといいだろう。

関連リンク


ART-SCHOOL (アート・スクール)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

SONIC DEAD KIDS

2000年にインディからリリースされたミニアルバム。

音の素朴なところはインディならでは。

Drain Youのリフを基に作られたのはこれに収録されているSandy Driverだ。
興味のある人はどうぞ。


Requiem for Innocence

2002年のメジャーデビュー作。
Art-Schoolの傑作と言えばこのアルバム。

Nirvanaを連想させる要素が多いが、個人的にはリアルな良作だと思う。
ツインギターが面白い。

車輪の下、Foolishがオススメ。


LOVE/HATE

2003年リリース。
オリジナルメンバーで製作された最後のアルバムとなった。

従来どおりグランジ・オルタナの影響が濃いが、多様性も垣間見ることができる。
Requiem for Innocenceを気に入ったならオススメ。

LOVE/HATE – iTunes Store


PARADISE LOST

2005年作。
メンバーが大幅に入れ替わって製作された。

“クロエ”のファンキーなギターに象徴されるように、音楽性の幅が広まったと言われる。
Nirvanaのカラーが好きになれない人はこれを聞いてみるのもいいかもしれない。

PARADISE LOST – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

日本のグランジ?01へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket