Bad Religion (バッド・レリジョン)

Pocket

Bad Religion (バッド・レリジョン)のアルバム紹介

Bad Religion (バッド・レリジョン)の概要

日本で言うところの”メロコア”を確立した重要なバンド。

意外に知られていないようだが、他のオルタナバンド同様に80年代からインディで活動し、グランジオルタナムーヴメントの波に乗って頭角を表してきたバンドなのだ。

メロコアというと、同じような曲が延々と続くというネガティブなイメージを持つ人もいるだろうが、このバンドの場合はアルバムリリースを重ねるにつれ様々な音楽を取り入れていったようだ。
また、社会的な歌詞が多いという印象を受ける。

Bad Religion 20曲(You Tube)

結成は80年頃と古いが不安定な時期が多く、本格的にスタートを切ったのは88年だと言っていいだろう。
その年にリリースされた3rdアルバム”Suffers”で、ハードコアの速いリズムにメロディアスな歌を載せるというメロコアを確立。
また、ギタリストのブレット・カーヴィッツが設立したインディレーベルであるエピタフも本格的に始動した。

ハードコアが停滞し勢いを失っていたインディパンクシーンだが、Bad Religionとエピタフの登場により徐々に活性化していったのだ。

エピタフにはOffspring、NOFX、Rancidなどが集まり、他のインディレーベルにはGreen Dayが出現するに至った。
その後、良くも悪くも音楽ジャンルとしてのパンクが大衆に受け入れられ市民権を獲得することになった。
詳しくは90年代パンクを参考にして欲しい。

Bad Religionも94年に8thアルバム”Stranger Than Fiction”でメジャー進出を果たしたが、このアルバムを最後にブレット・カーヴィッツは脱退してしまう。
メジャー進出に関してブレットは、他のメンバーがメジャー進出にノリ気だったから自分は決定権を放棄したと語った。

そのことから、エピタフでレコーディングからレコード製造、流通まで全てやってきたのに他のメンバーはメジャーと組むことを選んだという事実に失望したと推測されている。
また、エピタフの仕事が忙しくなったことも脱退理由として考えられる。

バンドは音楽性を変化させながらも活動を続け、2002年にはブレットがバンドに復帰、所属レーベルも再びエピタフとなっり、今現在も若手パンクバンドから多大なリスペクトを受けながら活動中。

Bad Religionは、Green DayやOffspringのような大成功を収めることは無かったが、パンク暗黒時代に地道に活動し、先駆者として流れを作った功績は計り知れない。

関連リンク


Bad Religion (バッド・レリジョン)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Suffer

長いブランクを経て88年にリリースされた3rdアルバム。
ハードコアのビートでキャッチーなメロディを歌うという、所謂メロコアを確立した重要なアルバム。
今でこそ、この音を鳴らすバンドは無数に存在するが、原点はこのアルバムだ。

音楽性は後のアルバムと比べると、小細工無しの直球勝負。

Sufferの日本盤


No Control

89年の4thアルバム。

Suffersと同じような路線なので、ストレートなBad Religionを求めるならこのアルバムをオススメする。

No Controlの日本盤


Against the Grain

90年の5th。
「トウモロコシのアルバム」と呼ばれ、最高傑作とされることが多いのでまずはこのアルバムを聞くべきだろう。

彼らのメロディック・ハードコアは、このアルバム以前に確立されており、このアルバムでも世襲されているが、曲の質が高い。
また2ビート一辺倒ではなく、”Faith Alone”のようにミドルテンポの曲が良いアクセントになっている。
哀愁感溢れる雰囲気も良い味を出している。

Against the Grainの日本盤


Generator

92年の6th。

ピアノを取り入れるなどAgainst The Grainより音楽性の幅が広がった感がある。
Recipe For Hateが気に入った人は聞いてみるといいだろう。

Generatorの日本盤


Recipe for Hate

93年の7thアルバム。

音楽性が拡大し、ここまで来るとメロコアの一言で片付けることは不可能。
とはいうものの、悲しげな哀愁メロディは健在。
単純でストレートなメロコアが好きになれないなら、このアルバムを聞いてみるといいだろう。
ひょっとしたら琴線に触れるかも。

Pearl Jamのエディ・ヴェーダーがリードギタリストとして一部参加している。

Recipe for Hateの日本盤


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド08へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket