Stone Temple Pilots (ストーン・テンプル・パイロッツ)

Pocket

Stone Temple Pilots (ストーン・テンプル・パイロッツ)のアルバム紹介

Stone Temple Pilots (ストーン・テンプル・パイロッツ)の概要

ストテンの始まりは、87年にBlack Flagのライヴでスコット・ウェイランド(Vo)とロバート・ディレオが再会し、それ以来交流を深めていったことがきっかけだった。
曲作りを始めた2人にエリック・クリッツ(Dr)が合流、後にロバートの弟であるディーン・ディレオがギタリストとして加入した。
当時はMighty Joe Youngというバンド名だったが、シカゴの同名バンドからクレームを付けられ、最終的にはStone Temple Pilotsというバンド名に落ち着いた。

LAのクラブは死んだも同然との理由で、サンディエゴのクラブで活動するようになった。
そこでのライヴが評判を呼び、92年春にはメジャー契約を獲得、92年秋にデビューアルバム”Core”をリリース、ロラパルーザにも出演している。

そのデビューアルバムが700万枚売り上げるに至ったが、その大ヒットによりグランジ・ブームに便乗したバンドとして、多くのミュージシャンやジャーナリストから非難されることになった。
詳しくはタイミングが悪かったStone Temple Pilotsを見て欲しい。

Stone Temple Pilots Official Music Video Playlist(You Tube)

しかし一発屋で終わるだろうという大方の予想に反し、バンドは生き残っていった。
94年の2nd”Purple”から個性を発揮し始めたという意見もある。
結果的にリリースしたアルバムは全てトップ10入りした。

だが、2ndの頃からスコットがドラッグ所持で逮捕されたり、リハビリ施設へ入退院を繰り返すなど、彼の薬物問題がバンド活動を妨げるようになり、他の3人との関係がギクシャクし始めた。
また、個性的なフロントマンとしての注目が集まるスコットに対して、他の3人は嫉妬のようなものを感じていたらしい。

96年以降は、スコットはソロアルバムリリース、他の3人は新たなヴォーカリストとプロジェクトを開始するなど、解散という2文字を連想させる活動を開始したが、STPほどの満足もスリルも得られなかったとして再びSTPとして活動を始めた。

99年に4thアルバム”No.4″を完成させたが、リリース前にスコットが再び薬物所持で逮捕、1年の実刑判決を受け、またもやバンド活動に支障をきたす。

2001年に5thアルバムをリリースするも、2002年にツアーを終え、結局は解散してしまった。

解散後、スコットは解散前からデモを聞かせて貰ったりしていた元Guns N’ Rosesのメンバー達と合流、Velvet Revolverとして活動してた。

しかし、2008年にVelvet Revolverを脱退。
その直後に決定していたStone Temple Pilotsの再結成に活動を一本化したようだ。

関連リンク


Stone Temple Pilots (ストーン・テンプル・パイロッツ)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Core

92年の1stアルバム。
フォロワーか否かは聞いて判断して欲しい。

ヒット曲は”Sex Type Thing”と”Plush”、他にも”Dead & Bloated”、”Creep”、”Piece Of Pie”など聞きやすい曲が多い。

Coreの日本盤

Core – iTunes Store


Purple

94年の2ndアルバム。
最高傑作と言われることが多いのでこれから聞いても良い。
全米1位を獲得し、単なる一発屋ではなかったことを証明した。

このアルバムから個性を発揮し始めたという評価もあり、浮遊感、サイケ感を味わうことができる。

“Meatplow”、”Vasoline”、”Lounge Fly”、”Interstate Love Song”、”Unglued”、”Kitchenware & Candybars”が聞きどころ。

Purpleの日本盤

Purple – iTunes Store


Tiny Music…Songs From The Vatican Gift Shop(ヴァチカン)

96年の3rdアルバム。
今作以降はメンバー間の亀裂により失速した感が否めないので後回しにした方が良い。
また、上の3作が気に入らない人は手を出さないのが無難。

スコットと他の3人は顔を合わせずにレコーディングしたという話も残っている。

音楽の幅が広がりバラエティ豊かになったとの意見もあるが・・・

Tiny Music…Songs From The Vatican Gift Shopの日本盤

Tiny Music…Songs From The Vatican Gift Shop – iTunes Store


No.4

99年の4th。
解散の危機を乗り越えて製作された復活作。

しかしマンネリ化は否定できないか。

No.4の日本盤

No.4 – iTunes Store


Shangri-La Dee Da

2001年の最終アルバム。
メンバーの対立が表面化した後としては、最もマトモなアルバムか。

ヘヴィネスよりもメロウでリラックスした曲が目立つ。

Shangri-La Dee Daの日本盤

Shangri-La Dee Da – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド07へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket