Primus (プライマス)

Pocket

Primus (プライマス)のアルバム紹介

Primus (プライマス)の概要

サンフランシスコ出身のトリオ・バンド。
このバンドの特徴は、超絶テクニシャン・ベーシストであるレス・クレイプールの存在だろう。

Primus 17曲(You Tube)

レスのベース奏法を言葉にするのは難しいのだが、とにかく通常では考えられない非常識なプレイの連続。
高度なスラップ(チョッパー)を歌いながら披露していくベーシストはレス以外には存在しないのではないか。

レスはファンクから強い影響を受けているのだが、それとは対照的にギタリストのラリー・ラロンデのルーツはIron MaidenやVan HalenなどのHR/HM。
それ故Primusの音楽はファンク・メタルと呼ばれることが多い。
しかし、同じくファンク・メタルと呼ばれたJane’s Addictionとは、音楽性が全く異なる。

レスの演奏テクニックばかりが注目されがちだが、レスのベースを中心として生み出される狂気じみた雰囲気こそが、このバンドの最大の特徴だ。
ユーモラスな部分もこのバンドの特徴だが、笑顔で聞ける音楽とは言えず、とっつき難い大衆性とは無縁な音楽だ。
しかしサウンドは唯一無二。

84年にPrimus名義として活動を開始、その後はメンバー交代や他バンドでの活動などで、Primusの活動は停滞してしまうが、89年にインディからデビューを飾った。

91年にはメジャーデビュー作”Sailing The Seas Of Cheese Of Primus”をリリース。
CMJなどのオルタナ界隈で高い評価を得るに至った。

93年にはメジャー2作目”Pork Soda”がアルバムチャートでトップテン入りを果たし、ロラパルーザではトリを務めた。
当初トリを務める予定だったAlice In Chainsが辞退したからとは言え、大衆性とは無縁なプライマスの躍進は、まさに90sオルタナティヴ・ムーヴメントを象徴していたと言っていいだろう。

バンドは、ドラマーの交代こそあったものの、マイペースで活動を続けたが、2000年に2人のメンバーが次々と離れていってしまった。
しかし、2003年に突如新曲を発表、2004年にはフジロックで来日している。

関連リンク


Primus (プライマス)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Sailing the Seas of Cheese

91年のメジャーデビューアルバムで、通算3作目に当たる。

一般的に最高傑作と言われることが多いが、上の2枚ほど分かりやすくはないので、後回しにしても良いと思う。

評価の高いアルバムから聞きたいのであればこれから。

Sailing the Seas of Cheeseの日本盤

Sailing the Seas of Cheese – iTunes Store


Pork Soda

93年の4th。
ビルボードチャートで7位にランクイン、彼らの出世作となった。

このバンドの音楽は基本的にとっつき難いのだが、このアルバムは比較的分かりやすいので入門にオススメ。

“Welcome To This World”、”DMV”、”Mr. Krinkle”などの陰鬱でダークな世界、”Hamburger Train”のグルーヴは見事。

Pork Sodaの日本盤

Pork Soda – iTunes Store


Tales From the Punchbowl

95年の5th。
これもビルボードチャートの上位にランクインした。

個人的にはこれが一番好き。
“Professor Nutbutter’s House Of Treats”、”Mrs. Blaileen”、”Wynona’s Big Brown Beaver”、”Over The Electric Grapevine”が聞きやすい。

このアルバムをはじめに聞いてみるのも良い。

Tales From the Punchbowlの日本盤

Tales From the Punchbowl – iTunes Store


The Brown Album

97年の6th。
アルバムタイトルは、Beatlesの”White Album”、Metallicaの”Black Album”をパロったらしい。

3rdから5thまでのアルバムよりも、アイデアが豊富になった印象を受ける。
逆に、勢いはあまり感じられない大人の作品といった感じ。
それでも十分変態的なのだが。

The Brown Albumの日本盤

The Brown Album – iTunes Store


Antipop

99年作。

このバンドとしては異色のアルバムで、タイトルとは正反対にポップな仕上がりになっている。
当時台頭してきたラップメタル、ミクスチャーを意識したのかどうかは知らないが、それらを連想させる曲が多い。
まあ、Primusは先駆者といえる存在なのだが・・・

ゲストには、レスと同級生だったメタリカのメンバー、トム・モレロ、リンプ・ビズキットのフレッド・ダーストが参加している。

ポップで聞きやすいが、Primusらしさはあまり感じられない。

Antipopの日本盤

Antipop – iTunes Store


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド07へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket