Tool (トゥール)

Pocket

Tool (トゥール)のアルバム紹介

Tool (トゥール)の概要

90年代前半から台頭し、現在も最前線で活躍する数少ないバンドの一つ。

90年にLAで結成。
わずか7回ライヴを行っただけでレーベルからのオファーが殺到、メンバーによるとLAでは誰もが次のNirvana探しをしていたから簡単だったとのこと。

93年には1stアルバム”Undertow”をリリースし、ロラパルーザに出演。
ロラパルーザでのステージが評判を呼び、奇妙な生物が登場する個性的なビデオがMTVで放送されるようになり、人気に火が点いていった。
オルタナが衰えつつあった96年にリリースした2ndアルバム”Aenima”で才能が爆発、全米2位を獲得しグラミー賞を受賞。

Tool 19曲(You Tube)

Toolの音楽性は、プログレッシヴとメタルという言葉が浮かんでくるようなもの。
ヘヴィなサウンドに複雑な展開、曲の長さは6分以上、覚えやすいメロディは少ないし、ヘヴィでノリノリのサウンドで大暴れしてストレス解消といったものとは対極に位置する。
何回も繰り返し聞かないと理解できない音楽で、大衆性とは無縁な音楽だ。
しかしこのバンドの暗黒世界と波長があったら最後、抜け出すことは不可能。

多くのバンドがクソったれな世の中を上から見下し怒りを爆発させているのに対し、Toolの場合はクソったれな世の中でクソにまみれてニヤニヤ笑っていると評価されたことがあるが、正にその通りだ。

冷たい汚物、冷血な悪魔などと形容されることもある。
ライヴではメイナード・ジェイムス・キーナンの女装、全身ペイント、カツラといった奇抜な衣装が不気味さに拍車をかける。

オルタナの流行が完全に終焉していた2001年に3rdアルバムをリリース、発売後一週間で55万枚以上を売り上げ、オルタナ支持者の存在を証明して見せた。
アルバムのデキも、似たり寄ったりで感情表現の欠片もないニューメタルにウンザリした人々の期待に応えるものだった。

そしてニューメタル・ラップメタル勢が殆んど死に絶えた2006年に4thアルバムをリリース。
NIN同様、本物は生き残ることを証明した。

アルバムをリリースするペースは非常に遅いものの、2020年現在もバンドは存続中だ。

関連リンク


Tool (トゥール)のアルバム紹介

1.スタジオアルバム

Undertow

93年のデビューアルバム。

Prison Sex、Soberなどといったライヴ定番の曲が収録されているが、Toolならではのサウンドは確立されているようで確立されていないといったじれったい印象を受ける。

成長過程期にあたるアルバムなので最後に聞いてみるといいだろう。

Undertowの日本盤


Aenima

大出世作となった96年の2ndアルバム。

冷たい汚物、悪魔的という部分ではこのアルバムが一番だろう。
呪術的なStinkfist、複雑怪奇なEulogy、「俺たちのレコードを買って俺たちにカネをよこせ!」と開き直るHooker With A Penis、ダークなギターリフが恐ろしいPushit、絶望的なLAを歌ったAenemaなど、驚くべき暗黒世界が待ち受けている。

Aenimaの日本盤


Lateralus

2002年の3rd。
全米初登場1位を獲得したアルバムとはいえ、大衆ウケする要素は少なく難解な曲が多いので注意して欲しい。

あえて挙げるならThe Gruge、Schism、Parabola、Lateralusが比較的わかりやすいか。

絶望的で冷酷ながらも、時おり光を感じさせるし、歌詞にポジティヴなものもある。
しかしディープでヘヴィでダーク、壮大でアーティスティックな音楽性には鳥肌モノ。

Lateralusの日本盤


10,000 Days

2006年にリリースされた4th。

奥の深さは相変わらずだが、過去の作品と比べると、アグレッシブな曲が印象的。
Vicarious、Jambi、The Potがとてもわかりやすい曲なので、このアルバムから入門するのもいいだろう。

10,000 Daysの日本盤


ページの先頭へ戻る

シアトル以外のオルタナティヴ・バンド04へ戻る

バンド紹介へ戻る

トップページへ戻る

Pocket