MTVの開局とロックの死

Pocket

おまえは反逆のロックン・ロールを
穏やかなるパット・ブーン(ポップ・シンガー名)に仕立てた
想像力など何も残っていない証拠
MTVは放送中
MTVは放送中
(Dead Kennedys / MTV-Get Off The Airの歌詞を引用)

70年代後半から兆候はあったらしいが、80年代はロックが「死んだ・商業化した」時代だといわれる。
ロックは不良・落ちこぼれ・はみ出し者たちが、大人が作り上げた社会に対する反逆的な怒りのエネルギーだった。
それが80年代には、いわゆる一般人もお茶の間で楽しめる国民的娯楽に成り下がってしまった。

マドンナ (その原因は81年に開局したMTVだろう。
それまでテレビで音楽番組があったとはいえ、従来のラジオで多く流された曲がヒットするという方程式は崩れることになる。

音楽専門チャンネルの開局によりテレビで大量のビデオ・クリップが流されるようになると、MTVでプロモーション・ビデオを放送された曲が売れるという図式に変わって行ったのだ。

テレビが主流になるということは、アーティストにとっては音楽だけでなく外見も重要になってくる。
さらには音楽がクソでも大衆受けするルックスや派手なパフォーマンスさえあればスターになるのも夢じゃなくなった。

MTVの良いところを挙げれば、アーティストが音楽と映像を絡めた表現を製作することが可能になったことだろうが、残念ながらビデオの多くは大衆ウケを狙ったものが多かった。

マイケル・ジャクソン(ビデオそういったMTVの特徴に合致してスターとなり、その頂点に君臨したのがセクシー路線のMadonna、映画並みの制作費を注ぎ込まれた大ヒット曲”Thriller”のビデオでゾンビを演じたMichael Jacksonだったのだ。

82年~84年のビルボード年間トップ10中、9割近くがMTV関連のアーティストで占められるに到った。


Pocket