NIHILISM

Soundgardenの日本盤は廃盤&CROSSBEATディスクガイド2005

システム不具合により、このブログの更新を終了します。
2008年5月25日以降は新しいブログNIHILISM Ver2.0で更新しています。

この記事は移転しました。

http://sound.heavy.jp/nihilism_ver20/archives/2005/06/soundgardencrossbeat2005.html

ライン

Hyottoko 投稿時間: 2005年6月 6日 19:58

この投稿が属している話題別カテゴリー

Soundgarden, 音楽雑誌の感想

コメント

こんばんは。superunknownも廃盤かー。
するとタワレコ等にすべてのアルバムがそろってない理由も合点がいくなー。
リイシューしなくちゃダメですね(こればかり)
TOTDは7ねん程も前から輸入版でも日本では品切れで、ホームビデオとともに注文しなくちゃ買えませんでした。

シンコーのディスクガイド本は、一度、SGを評価できなかったことで日本が赤恥をかいたと言ってたので、その恥を覚えている限りのせてくれると思います(笑)
編集長の大谷さんはかなり評価してましたよ。

で、あと、ロックからアジアンポップスまでセレクトする「ミュージックマガジンの500枚」の「80年代以降のアメリカンロック」の項んに、Superunknowが選出されてました。
いわゆるグランジブレイク後の90年代中期のオルタナ勢からはBeastie boys,Jeff Buckley,NIN,Tom waits,beckなどを選んでいたので、PJを落しSGを入れるあたりに穿ってるなーと思いました…
この後の時代のものは女性シンガー、エレクトロニカ、ラテンミクスチャーなどなどでした。

相変わらずこういった隙間なところでは評価されているようです…

ライン

投稿者: kaolly 投稿日時: 2005年6月17日 01:38